女性ホルモンは身体の健康にとっても美肌にとっても大切な物質です。

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の

「女性ホルモンのはたらきを知って更年期対策とアンチエイジング!」を参考に、女性ホルモンのはたらき、減少の原因、バランスの整え方をご紹介します。

「女性ホルモンはどんなはたらきがあるの?」

「更年期障害の症状を軽減させるには?」

など、気になる方はぜひご覧ください。

女性ホルモンのはたらき

女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

エストロゲンとプロゲステロンは、間脳の視床下部から分泌された性腺刺激ホルモン放出ホルモンの刺激が脳下垂体に伝わり、そこから分泌された2種類の性腺刺激ホルモンが、卵巣を刺激することで分泌されます。

卵巣からの女性ホルモン分泌量が正常かどうかを監視しているのが脳ですが、ストレスや脳の障害といった問題があると、女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、生理の状態や体調、肌などに悪影響がでます。

エストロゲンのはたらきは、子宮内膜を厚くする、女性らしさを形づくる、コレステロールの代謝をよくする、基礎体温を下げる、肌の水分の保持やコラーゲンを増やす、髪の毛を美しく保つなどで、分泌量は30代をピークに減少し、これにより更年期障害、骨粗鬆症、動脈硬化などのリスクが増加します。

プロゲステロンのはたらきは、子宮内膜を受精卵が着床しやすいように整える、妊娠時には胎児が育ちやすい子宮環境を整える、妊娠時以外は子宮内膜を体外に排出させる、食欲を増進させる、基礎体温を上げる、皮脂の分泌やメラニンを増やすなどです。

生理から卵胞期、排卵期直後まではエストロゲンが優位なので肌の調子が良い場合が多いですが、乾燥肌に傾きやすいのでしっかり保湿しましょう。

一方、排卵後から生理までの黄体期ではプロゲステロンが優位で、妊娠の場合は体温が上がり、妊娠しなかったときは28日目ころに再び生理が起こります。脂性肌に傾いたり、ニキビができたりするので、クレンジングや洗顔で肌を清潔に保ちましょう。

<h2>更年期障害や女性ホルモンのバランスを整える対策

女性ホルモンの分泌量は加齢によって変化しますが、急激に減少する40代半ばから50代半ばに身体や精神面に起こるさまざまな不快な症状を更年期障害といいます。卵胞ホルモンの1つであるエストラジオールの減少や交感神経と副交感神経のバランスの乱れが原因と考えられています。更年期障害の症状には身体症状と精神症状がありますが、のぼせ、ほてり、発汗、抑うつ、不眠が更年期障害の5大症状と言われています。

更年期障害の治療には、更年期で減少したホルモンを補うことで症状を軽減するホルモン補充療法と、漢方療法の2つがあります。どちらを選ぶか、また併用するかは医師と十分に相談して決めましょう。

また、女性ホルモン対策として、女性ホルモンに似たはたらきをするエクオールという成分をサプリメントで摂取することもおすすめで、更年期症状の改善、骨粗しょう症の予防、生活習慣病の予防などの効果が期待できます。

さらに、ビタミンやミネラル、食物繊維を積極的に摂取し、十分な量の良質な睡眠や適度な運動を行い、喫煙や過度なアルコールは控えるなどアンチエイジングを意識した生活習慣を続けることで女性ホルモンのバランスを整えましょう。

まとめ

女性ホルモンのはたらき、減少の原因、バランスの整え方をご紹介しました。

加齢による女性ホルモンの分泌量の減少は食い止められませんが、この記事を参考に、女性ホルモンのはたらきやバランスの整え方、更年期対策、アンチエイジングとの関係を理解し、いつまでも健康と美肌をキープしましょう。