酵素洗顔を正しく理解してエイジングケアに活用しよう!

酵素洗顔を正しく理解してエイジングケアに活用しよう! post thumbnail image

角質ケアや毛穴の黒ずみケア、肌のくすみやごわつきなどの対策で人気がある酵素洗顔ですが、そのメリットデメリットや正しい使い方などを理解せずに使用すると、かえって肌トラブルなどを招いてしまうこともあります。

そこで今回は、エイジングケアに効果的な酵素洗顔についてご紹介します。

酵素洗顔とは?

酵素洗顔とは、たんぱく質や脂肪を分解するはたらきを持つ酵素を配合した洗顔料を使って洗顔することです。

普通の洗顔料に含まれる界面活性剤ではたんぱく質は落とせないので、特にたんぱく質でできた不要な角質や角栓を取り除くことが、酵素洗顔を行う意義なのです。

酵素は水に溶けると活動し続け、徐々にそのはたらきが弱くなってしまうので、酵素洗顔料の多くはパウダーです。酵素洗顔料に使う酵素には、プロテアーゼ、パパイン酵素、ブロメライン、リパーゼなど、いくつか種類があります。

酵素洗顔のメリットデメリット

酵素洗顔に配合されている酵素の力で、肌に残った古い角質・角栓・毛穴の黒ずみなどを落とし、新しい角質をつくろうとするはたらきを促します。

すると、ターンオーバーが正常化し、シミの原因となるメラニンが適切に排出されるようになります。その結果、肌のハリツヤが生まれます。また、毛穴の黒ずみの原因でもある酸化して古くなった角栓も分解するので、毛穴を目立たないようにする効果も期待できます。

しかし、酵素洗顔料の過度な使用や誤った使い方、また、肌の状態によっては、酵素洗顔がエイジングケアのデメリットになる場合があります。

具体的には、分解する必要のない、まだ若い未成熟な角質や皮脂まで分解してしまい、ターンオーバーを不要に速めてしまうことです。

また、過度な酵素洗顔の刺激によるダメージで、肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌してしまい、乾燥やバリア機能の低下を招くこともあります。

ひどい場合は、敏感肌や乾燥性敏感肌、インナードライ肌を招いたり、毛穴の黒ずみがさらに目立ってしまったり、乾燥によってシワやほうれい線などが目立ってしまうことがあります。

酵素洗顔で改善が期待できる肌悩み

次のような肌悩みには、酵素洗顔を試してみるとよいでしょう。

・ターンオーバーが遅くなり、角質が肌に留まって厚くなった角質肥厚

・角質肥厚と乾燥が原因である大人ニキビ

・皮脂の過剰分泌や酸化、角栓が関係している詰まり毛穴・開き毛穴・黒ずみ毛穴

・角質肥厚、ターンオーバーの遅れ、毛穴の汚れによるくすみ

ただし、普通肌や脂性肌の方は、酵素洗顔を試しても問題ありませんが、乾燥肌や混合肌、インナードライ肌の方は、酵素洗顔に慎重になりましょう。また、肌状態を考慮したり、季節別に活用方法を考えたりすることもポイントです。

まとめ

酵素洗顔にはメリットもありますが、デメリットもあります。

酵素洗顔の効果や使い方などを正しく理解し、自分の肌質や肌状態、肌悩みなどをしっかり考慮して、酵素洗顔を上手にエイジングケアに取り入れてみましょう。

Related Post

秋はくすみ肌になりやすい季節?スキンケアでできる対策秋はくすみ肌になりやすい季節?スキンケアでできる対策

季節の変わり目はお肌がゆらぎやすいですが、秋に移り変わろうとする今の時期は、トラブルとまではいかなくても、なんとなく顔色がさえないと感じることがありませんか? 実は、秋はお肌がくすみやすい季節なんだそうです。 そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「秋に多い肌のくすみ!原因と改善のスキンケア&エイジングケア」を参考にして、秋にお肌がくすみやすい原因とスキンケアでできる対策をお伝えしたいと思います。 秋にお肌がくすみやすい5つの原因 秋にお肌がくすみやすい原因は次の5つと言われています。 1.夏のダメージでくすみが目立つ 一番大きいのは何と言ってもこれ。 夏の間に浴び続けた強い紫外線ダメージや、夏バテなどによるからだの疲労がお肌にくすみとして現れることです。簡単に言うと、お肌の夏バテです。 紫外線を受けると、お肌を守るためにメラニン色素がつくられます。 メラニン色素は年中作られ続けており、お肌の入れ替わりのサイクルに合わせて排出されるので、基本的に問題はありませんが、夏は紫外線が強いので、普段以上に多くのメラニン色素が作られ、そのまま色素沈着し、シミやくすみ、角質肥厚を引き起こしてしまいます。 2.空気の乾燥によるお肌の乾燥 夏が終わり、9月以降には、日に日に気温や湿度が低下していきます。 そうするとお肌の皮脂や汗の分泌量が減り、空気の乾燥と相まってお肌が乾燥しやすくなります。お肌が乾燥すていると光の反射が悪くなり、お顔の印象も暗くなりがち。 このように、乾燥によってくすみが目立ちやすくなるのです。 3.顔が冷えてくすみ肌に 気温が下がると代謝が下がります。それにおって血行が悪くなり、お肌の真皮や表皮に十分な栄養素が届かず、くすんで見えるようになります。 4.斜め横からの紫外線は顔に当たりやすい 秋になると紫外線量は減少するものの、降り注ぐ角度が斜め横からになり、お顔に紫外線が当たりやすくなります。それによってお顔のくすみのリスクが高くなります。 秋花粉が原因でくすむことも イネやブタクサに反応する方は、秋でも花粉症になってしまいます。 花粉がお肌に付着することで炎症をおこしたり、鼻をかんだり目をこすったりするときの摩擦で赤みやくすみが出たりすることがあるので注意が必要です。 スキンケアでできる5つの秋のくすみ肌対策 このように、くすみやすい秋にはどんな対策が必要なのでしょうか? 一番身近でとりかかりやすい、スキンケアの観点から見てみましょう。 1.正しい洗顔とクレンジングで秋のくすみを予防 スキンケアの一番はじめのステップである落とすケアから。 朝は洗顔、夜はクレンジングを行うことを基本に、角質肥厚でお肌がゴワゴワするときには、適度な酵素洗顔やピーリングがおすすめです。 強すぎる洗浄力や摩擦による、肌ダメージを防ぐためにも、しっかりかつ優しく行うことが秋のくすみ予防には大切。 ゴワゴワが気になるからと言って、洗顔ブラシやスクラブ洗顔などは肌ダメージを与えるので、秋のくすみのケアにはNGです。 2.保湿を強化して秋のくすみ肌対策を

美肌のためには皮膚常在菌のバランスが大切!美肌のためには皮膚常在菌のバランスが大切!

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の 「皮膚常在菌の種類と働きを知って一歩進んだエイジングケアで美肌へ!」を参考に、 皮膚常在菌のはたらきやエイジングケアとの関わり、皮膚常在菌のバランスを保つスキンケアの方法をご紹介します。 「皮膚常在菌はお肌にいいのか」 「皮膚常在菌のバランスを保つにはどうしたらいいのか」 など、気になる方はぜひご覧ください。 皮膚常在菌のはたらき 皮膚常在菌は、常に表皮にいて、時と場合によってよいはたらき、悪いはたらきをします。皮膚常在菌には次の3つのタイプがあります。 ・表皮ブドウ球菌に代表される善玉菌 皮膚を弱酸性に保つ、NMF(天然保湿因子)産生サポートする、菌のバランス維持によって雑菌から保護するという3つのはたらきがあります。 ・アクネ菌に代表される日和見菌 肌を弱酸性に保って守るはたらきがあります。 ・黄色ブドウ球菌に代表される悪玉菌 皮膚常在菌のバランスが保たれなくなると、痒みや炎症を引き起こす原因になります。 皮膚常在菌のバランスを保つために気をつけること 皮膚常在菌のバランスを意識したスキンケアやエイジングケアには次のようなことが挙げられます。 ・皮膚常在菌のバランスを考えた洗顔 皮膚常在菌を洗い流しすぎてバランスを崩してしまう、過度な回数や擦りすぎの洗顔、刺激の強い洗顔料の使用は避けましょう。 ・皮膚常在菌のバランスを考えたクレンジング 洗顔以上に肌に負担をかけるクレンジングでは、セラミドやNMFなどを落とし過ぎない優しいクレンジング料を使いましょう。また、メイク残りは肌の酸化や過剰な角栓を引き起こし、皮膚常在菌のバランスを崩して肌老化やいちご鼻の原因になるため、しっかり落としましょう。 ・皮膚常在菌のバランスを考えたニキビ・毛穴対策 炎症があるニキビはアクネ菌を除去することが先決ですが、そこまでニキビがひどくない場合やニキビ予防のためには、毛穴の詰まりを防いでアクネ菌を過剰に増やさないことが大切です。さらに、バランスのよい日常生活と過度なメイクを避けること、エイジングケア化粧品を正しく使うことも大切です。 ・皮膚常在菌のバランスを保つエイジングケア化粧品 保湿化粧水、保湿美容液、乳液、保湿クリームなどさまざまなアイテムがありますが、これらは保湿に対する役割が少しずつ異なるので、うまく使い分けて乾燥肌を予防・改善することで、皮膚常在菌のバランスをキープしましょう。一方、皮膚常在菌のバランスを保つために注意したい成分としては、刺激が強いアルコールや合成着色料、合成香料などです。 まとめ 皮膚常在菌のはたらきやエイジングケアとの関わり、皮膚常在菌のバランスを保つスキンケアの方法をご紹介しました。 皮膚常在菌が正しいバランスで生存することがお肌の健康にとってとても大切です。 この記事を参考に、皮膚常在菌のバランスを意識した正しいスキンケアやエイジングケアを実践して健康なお肌を保ちましょう。