50代は肌悩みが増える!?

50代を迎えると、40代に比べてますますお肌の悩みや衰えを実感しますね。
また、お肌の老化に加え、更年期を迎える時期でもあり、女性ホルモンの減少によるからだの不調や心理面での変化を感じている方も多いのではないでしょうか。
そのため、40代で使っていたスキンケア化粧品が合わなくなることもあります。
その場合には、より刺激の少ないエイジングケア化粧品に切り替える必要も。
では、どんな基準で50向けの化粧品を選べばよいのでしょうか。
そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「50代のエイジングケア化粧品の選び方と大切な7つの真実!」の記事を参考に、50代の美肌をキープするためのポイントと、そのためのエイジングケア化粧品の選び方や使い方をご紹介します。

50代のお肌やからだの変化とは?

50代は、ちょうど更年期まっただ中。
お肌の老化にはさまざまな原因がありますが、特に50代では更年期を意識したからだのケアやエイジングケアが大切です。
更年期になると、卵巣機能の衰えが増し、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少して、からだや心理面でさまざまな変化が起こります。
また、50代では、女性ホルモンが激減するので、からだのあちらこちらに不調が出てきます。
さらに、50代になると、次のような肌老化や肌悩みを実感する人が多くなってきていることと思います。
 お肌の保水力が弱ってきて、お肌が乾燥する。
 エストロゲン量の急激な低下にともない、お肌のハリや弾力不足を感じる。
 目の下のクマも目立つので、老けた印象が強くなってきた。
 しわやたるみによって、お肌がくすんだ印象から抜け出せない。
 肝斑や老人性色素斑などのシミが目立つ。
このように、50歳になると、女性ホルモンの分泌の減少で、お肌を取り巻く環境も著しく変化するのです。

50代のエイジングケアで大切なこと

50代のエイジングケアでは、まずは刺激の強いスキンケアを避けることです。
たとえば、洗顔などでも「顔を強くこする」「2分以上の長い洗顔」はよくありません。
その理由は、お肌にとって必要なセラミドや皮脂まで洗い流すリスクがあるからです。
ただでさえ、50代ではその量が低下しているセラミドと皮脂。
やり過ぎの洗顔で落とさないようにしましょう。
また、内側からのエイジングケアも大切です。
酸化や抗酸化といった、いわゆる「からだの錆び」への対処は、エイジングケアにとって重要です。
これらは食べ物でも、対応できますので、ビタミンACEなどの抗酸化成分の摂取を心がけると良いでしょう。
さらに、50代のエイジングケアで最も重要なのは、何といっても、分泌がなくなる女性ホルモン=エストロゲンを、どのように補うか!という点です。
それは、毎日の食事に、納豆や豆腐などの「大豆製品」を取り入れること。
大豆に含まれるイソフラボンは、エストロゲンと化学構造が似ており、エストロゲンと同じようなはたらきをすることが分かっているので、積極的に摂取したいですね。

50代のエイジングケア化粧品選びのポイント

50代のエイジングケアの基本は、「保湿」です。
これは、どの年代でも第一に挙げられるほどに大切なスキンケアの基本ですが、50代は女性ホルモンが激減するため、これまで以上に乾燥が目立つお肌になり、シミ、シワ、たるみなどが目立つようになります。
50代になると、肌質が普通肌や脂性肌でも、バリア機能が低下し乾燥肌になることもあります。
もちろん、もともと乾燥肌だと敏感肌やインナードライ肌になってしまうこともあります。
保湿成分としては、水溶性成分のプロテオグリカンや、セラミドなどの油溶性成分をお肌の状態に合わせて取り入れるようにしましょう。

また、50代からのエイジングケアにとって、気を付けたいのは、刺激の強い成分が入っている化粧品を使うことです。
PGやDPGは、保湿性成分として使用されるアルコール系成分です。
特にPGは刺激性が強いため、アレルギー反応を起こす可能性もあります。
また、アルコールは揮発性があるため、お肌の乾燥を進行させるリスクもあるので、50代からはノンアルコール化粧品を使うエイジングケアをオススメします。
そのほか、合成香料、合成着色料や、高濃度に配合された精油も50代のエイジングケアには避けたい成分です。
だから、50代では敏感肌化粧品や敏感肌化粧水がオススメです。

まとめ

ナールスエイジングケアアカデミーの「50代のエイジングケア化粧品の選び方と大切な7つの真実!」の記事を参考にして、50代の肌悩みに合わせたエイジングケア化粧品選びのポイントをご紹介しました。
この記事をもとに、50代のお肌の特徴を理解するとともに、ご自身にあったエイジングケアを実践していただければ幸いです。