子供や赤ちゃんを紫外線ダメージから守ろう!その対策は?

子供や赤ちゃんを紫外線ダメージから守ろう!その対策は? post thumbnail image

かつては、子供が夏に日焼けして黒くなるのは健康のシンボルでしたが、今では赤ちゃんや子供にとって、紫外線を浴びることのデメリットが大きいことがわかってきました。

そこで今回は、紫外線が子供に与える影響と子供の紫外線対策についてご紹介します。

紫外線が子供に与える影響

日焼けには、紫外線を浴びてすぐに皮膚が赤くなる「サンバーン」と、その後に黒くなる「サンタン」の2種類あります。

サンバーンは紫外線による火傷で、肌の表皮のバリア機能へ大きなダメージを与えます。赤ちゃんや子供は、まだ皮膚が未成熟なため、このダメージは一層大きくなり、バリア機能の低下は子供の乾燥肌の原因になります。

水ぶくれなどができてしまうと、細菌などが入って感染症を引き起こすリスクが高くなり、花粉などのアレルゲンがつくと、アレルギーになるリスクも高くなります。

また、紫外線対策をせずに日焼けを繰り返すと、紫外線のダメージが蓄積し、将来のシミやシワ、顔のたるみなど肌老化の原因になります。まだ肌表面でシミとして目立っていなくても、肌内部で隠れシミができて、それが将来、表面化することもあります。

紫外線ダメージが長年蓄積すると、DNAに異常が起こり将来の皮膚がんのリスクになってしまう可能性もあります。

さらに、紫外線ダメージは、肌だけではなく、目の角膜にダメージを与え、紫外線角膜炎の原因になることもあります。また、目の老化による病気である白内障、加齢黄斑変性症、翼状片などや、ドライアイになるリスクも高くなります。

子供の紫外線対策

1年の中で紫外線量が多いのは5月〜9月で、1日の中で紫外線量が多いのは10時〜14時です。だから、この時間帯に長時間外へ出ることは控えるようにしましょう。外へ出る場合は、日陰に入ることが重要です。また、曇りでも晴天の約80%の紫外線が出ているのでブロックする必要があります。

さらに、山や海へ出かける場合、プールや水遊びをする場合は、特に、保護者や学校が赤ちゃんや子供の紫外線対策を強く意識して、サポートすることが必要です。

紫外線対策の基本は日焼け止めです。最近は、赤ちゃんや子供向けの日焼け止めも多く販売されています。

日焼け止めには、刺激の小さな紫外線散乱剤だけ使ったノンケミカルタイプと、やや刺激のある紫外線吸収剤を使ったケミカルタイプがありますが、赤ちゃんや子供にはノンケミカルの日焼け止めを選びましょう。

ノンケミカルの日焼け止めは、紫外線ブロック力が時間とともに低下する光劣化が少ないというメリットもあります。

さらに、香料、着色料、アルコールが配合されていないものがおすすめです。

紫外線ブロック力は、日常の生活ではSPF15~20、PA++程度、海や山ではSPF20~40、PA++~+++程度がおすすめです。水遊びしたりする夏場は、汗や水で落ちにくい、ウォータープルーフのものがよいでしょう。

日焼け止め以外では、帽子や衣類などファッションでも紫外線対策が可能です。帽子は、つばの広いものがおすすめです。

帽子は熱中症予防にも効果的なので、子供の健康のためにも大切です。衣類は、肌の露出が少ないものがより紫外線をカットできます。

また、デニム生地、目の詰まった布、白か淡い色の衣類は紫外線カット力が高くなるのでおすすめです。さらに、紫外線防止効果のある繊維でできた子供服も紫外線対策には効果的です。

最近では、目の紫外線対策のために、子供用のUVカットサングラスも登場しています。これらの紫外線対策グッズを上手に活用しましょう。

まとめ

赤ちゃんや子供の紫外線対策は、保護者や学校がサポートしたり、啓発することが大切です。

子供の、肌だけではなく、健康を維持するためにも、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

Related Post

50代のエイジングケア化粧品選びのコツは?50代のエイジングケア化粧品選びのコツは?

50代は肌悩みが増える!? 50代を迎えると、40代に比べてますますお肌の悩みや衰えを実感しますね。 また、お肌の老化に加え、更年期を迎える時期でもあり、女性ホルモンの減少によるからだの不調や心理面での変化を感じている方も多いのではないでしょうか。 そのため、40代で使っていたスキンケア化粧品が合わなくなることもあります。 その場合には、より刺激の少ないエイジングケア化粧品に切り替える必要も。 では、どんな基準で50向けの化粧品を選べばよいのでしょうか。 そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「50代のエイジングケア化粧品の選び方と大切な7つの真実!」の記事を参考に、50代の美肌をキープするためのポイントと、そのためのエイジングケア化粧品の選び方や使い方をご紹介します。 50代のお肌やからだの変化とは? 50代は、ちょうど更年期まっただ中。 お肌の老化にはさまざまな原因がありますが、特に50代では更年期を意識したからだのケアやエイジングケアが大切です。 更年期になると、卵巣機能の衰えが増し、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少して、からだや心理面でさまざまな変化が起こります。 また、50代では、女性ホルモンが激減するので、からだのあちらこちらに不調が出てきます。 さらに、50代になると、次のような肌老化や肌悩みを実感する人が多くなってきていることと思います。  お肌の保水力が弱ってきて、お肌が乾燥する。  エストロゲン量の急激な低下にともない、お肌のハリや弾力不足を感じる。  目の下のクマも目立つので、老けた印象が強くなってきた。  しわやたるみによって、お肌がくすんだ印象から抜け出せない。  肝斑や老人性色素斑などのシミが目立つ。 このように、50歳になると、女性ホルモンの分泌の減少で、お肌を取り巻く環境も著しく変化するのです。 50代のエイジングケアで大切なこと 50代のエイジングケアでは、まずは刺激の強いスキンケアを避けることです。 たとえば、洗顔などでも「顔を強くこする」「2分以上の長い洗顔」はよくありません。 その理由は、お肌にとって必要なセラミドや皮脂まで洗い流すリスクがあるからです。 ただでさえ、50代ではその量が低下しているセラミドと皮脂。 やり過ぎの洗顔で落とさないようにしましょう。