抗酸化力がある化粧品成分ビルベリー葉エキスを理解して美肌へ

抗酸化力がある化粧品成分ビルベリー葉エキスを理解して美肌へ post thumbnail image

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の

「ビルベリー葉エキスは抗酸化力がある化粧品成分!効果と安全性は?」を参考に、化粧品成分としてのビルベリー葉エキスの特性、効果、安全性についご紹介します。

ビルベリーの効果

ビルベリーはブルーベリーの仲間で、果実には、アントシアニン、ポリフェノールが豊富です。ビルベリーの葉にも、クロロゲン酸、ケルセチン、カテキン、プロアントシアニジンなどが含まれています。

また、美肌のビタミンといわれるビタミンC、ミネラル、美白成分であるアルブチンも含まれています。このように、豊富な栄養素が含まれることから、スーパーフードの1つとしても知られています。

ビルベリーに含まれるアントシアニンには、目の疲れや目の老化予防、活性酸素からからだを守る抗酸化作用による生活習慣病の予防、血糖値の上昇を抑えるはたらきや毛細血管を保護するはたらきによる糖尿病や糖尿病性網膜症の予防効果が期待されています。

ほかにもビルベリーには、ブルーライトから受ける細胞のダメージを軽減するはたらき、コラーゲンやエラスチンを破壊する酵素のはたらきを抑える作用による糖尿病や糖尿病性網膜症の予防効果、糖化を防ぐはたらき、アントシアニンのビタミンPに似たはたらきで血流を改善し、肩こりや手足の冷えを防ぐ効果、腸内フローラを整え便秘を防ぐ効果、花粉症を予防する効果、炎症を抑制する効果が期待できます。

ビルベリー葉エキスの効果

ビルベリー葉エキスは、ビルベリーの葉から水、エタノール、BGなどで抽出される植物エキスで、皮膚コンディショニング剤や収れん剤、ヘアコンディショニング剤、爪のコンディショニング剤として化粧品に使われます。

ビルベリー葉エキスには、抗酸化作用やサーカディアンリズムを整え、バリア機能の改善やターンオーバーの正常化をサポートするはたらきがあります。

これにより、肌のキメを整え透明感のある肌へと導くことが期待できます。また、乾燥肌が原因のさまざまな肌悩みの予防や改善、黄ぐすみの予防や改善、しわやほうれい線など肌老化の予防、紫外線ダメージによる光老化の軽減も期待できます。

ビルベリー葉エキスは、刺激もなく安全性の高い成分で、柑橘類に含まれるソラレンも含まれないので、光毒性の心配もありません。さらに、アレルゲンとなってアレルギーを引き起こす事例も見つかっていません。

そのため、どんな肌質の方でも使うことが可能で、敏感肌向けの化粧品にも使われており、40代からのエイジングケア化粧品の美容成分としてもおすすめです。

ビルベリー葉エキスは、クレンジング料、保湿化粧水、保湿美容液、フェイスマスク、シャンプー、日焼け止め、エイジングケア化粧水やエイジングケア美容液など、さまざまな化粧品に配合されています。

おすすめのビルベリー葉エキス配合化粧品が、フェイスマスク「ナールス リジェ パーフェクトマスク」です。バイオセルロース製のマスクで、ビルベリー葉エキス以外にも美容液1本分の最先端の美容成分を贅沢に配合しており、エイジングケア世代におすすめです。

まとめ

化粧品成分としてのビルベリー葉エキスの特性、効果、安全性についご紹介しました。

ビルベリー葉エキスは、抗酸化作用やサーカディアンリズムを整えるはたらきにより、ターンオーバーやバリア機能の問題で起こるさまざまな肌悩みの予防に効果が期待できます。

この記事を参考に、化粧品成分としてのビルベリー葉エキスを理解し、ビルベリー葉エキス配合の化粧品を上手にスキンケアやエイジングケアに活用してください。

Related Post

健康や美肌のために女性ホルモンを知ろう!健康や美肌のために女性ホルモンを知ろう!

女性ホルモンは身体の健康にとっても美肌にとっても大切な物質です。 今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の 「女性ホルモンのはたらきを知って更年期対策とアンチエイジング!」を参考に、女性ホルモンのはたらき、減少の原因、バランスの整え方をご紹介します。 「女性ホルモンはどんなはたらきがあるの?」 「更年期障害の症状を軽減させるには?」 など、気になる方はぜひご覧ください。 女性ホルモンのはたらき 女性ホルモンには、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。 エストロゲンとプロゲステロンは、間脳の視床下部から分泌された性腺刺激ホルモン放出ホルモンの刺激が脳下垂体に伝わり、そこから分泌された2種類の性腺刺激ホルモンが、卵巣を刺激することで分泌されます。 卵巣からの女性ホルモン分泌量が正常かどうかを監視しているのが脳ですが、ストレスや脳の障害といった問題があると、女性ホルモンのバランスが乱れてしまい、生理の状態や体調、肌などに悪影響がでます。 エストロゲンのはたらきは、子宮内膜を厚くする、女性らしさを形づくる、コレステロールの代謝をよくする、基礎体温を下げる、肌の水分の保持やコラーゲンを増やす、髪の毛を美しく保つなどで、分泌量は30代をピークに減少し、これにより更年期障害、骨粗鬆症、動脈硬化などのリスクが増加します。 プロゲステロンのはたらきは、子宮内膜を受精卵が着床しやすいように整える、妊娠時には胎児が育ちやすい子宮環境を整える、妊娠時以外は子宮内膜を体外に排出させる、食欲を増進させる、基礎体温を上げる、皮脂の分泌やメラニンを増やすなどです。 生理から卵胞期、排卵期直後まではエストロゲンが優位なので肌の調子が良い場合が多いですが、乾燥肌に傾きやすいのでしっかり保湿しましょう。 一方、排卵後から生理までの黄体期ではプロゲステロンが優位で、妊娠の場合は体温が上がり、妊娠しなかったときは28日目ころに再び生理が起こります。脂性肌に傾いたり、ニキビができたりするので、クレンジングや洗顔で肌を清潔に保ちましょう。 <h2>更年期障害や女性ホルモンのバランスを整える対策 女性ホルモンの分泌量は加齢によって変化しますが、急激に減少する40代半ばから50代半ばに身体や精神面に起こるさまざまな不快な症状を更年期障害といいます。卵胞ホルモンの1つであるエストラジオールの減少や交感神経と副交感神経のバランスの乱れが原因と考えられています。更年期障害の症状には身体症状と精神症状がありますが、のぼせ、ほてり、発汗、抑うつ、不眠が更年期障害の5大症状と言われています。 更年期障害の治療には、更年期で減少したホルモンを補うことで症状を軽減するホルモン補充療法と、漢方療法の2つがあります。どちらを選ぶか、また併用するかは医師と十分に相談して決めましょう。 また、女性ホルモン対策として、女性ホルモンに似たはたらきをするエクオールという成分をサプリメントで摂取することもおすすめで、更年期症状の改善、骨粗しょう症の予防、生活習慣病の予防などの効果が期待できます。 さらに、ビタミンやミネラル、食物繊維を積極的に摂取し、十分な量の良質な睡眠や適度な運動を行い、喫煙や過度なアルコールは控えるなどアンチエイジングを意識した生活習慣を続けることで女性ホルモンのバランスを整えましょう。 まとめ 女性ホルモンのはたらき、減少の原因、バランスの整え方をご紹介しました。 加齢による女性ホルモンの分泌量の減少は食い止められませんが、この記事を参考に、女性ホルモンのはたらきやバランスの整え方、更年期対策、アンチエイジングとの関係を理解し、いつまでも健康と美肌をキープしましょう。

Generic Viagra BasicsGeneric Viagra Basics

But before starting details of the natural treatment options available for impotence, let’s see what the real Viagra does. Viagra may be the deal term for the medicine sildenafil citrate.

目元のケアに目元美容液は必要!目元のケアに目元美容液は必要!

目尻のしわ、目の下のくまやたるみなど、目元のエイジングサインが気になっていませんか?そんなときに使いたいのが、目元の肌の特徴を考慮し、目元のハリなどをキープするスキンケアのための化粧品成分を配合した目元美容液です。 そこで今回は、目元美容液の必要性とおすすめの目元美容液をご紹介します。 目元美容液は必要? 目の周りの皮膚は非常に薄いので、肌の乾燥や紫外線などのダメージを受けやすく、目元の乾燥や目尻の小じわなどもちょっとした刺激で目立ってしまいます。 目の周りの皮膚は皮脂腺が少なく、刺激に弱いため、強くこするなどの刺激を受けると、メラニン色素が沈着しやすいのです。 また、目の下の皮膚は特に薄いので、目や目の周りの皮膚に酸素と栄養を運んでいる毛細血管が透けて見えることもあります。 そのため、疲れや老化などの影響で血液の流れが悪くなった場合、その状態が、肌にダイレクトに反映されてしまい、目の下のたるみやくまが目立ちやすくなります。 さらに、目はよく動くので、目の周りの肌もよく動きます。その分負担が多くなって、肌が疲れやすいので、しわなどのエイジングサインも目立つのです。 このように、顔の中でも、目元はとくにデリケートなので、特別なスキンケア、エイジングケアを考える必要があるのです。 そのため、目元を集中的にケアする目元美容液が必要になってきます。 とくに、加齢により、目元の皮膚は薄くなり、刺激に弱くなってきます。だからこそ、エイジングケアの視点をしっかり持って、目元美容液を選び、正しく使うことが大切になってくるのです。 おすすめの目元美容液 目元の気になるエイジングサイン対策におすすめの美容液は、「ナールス ネオ」です。 おすすめのポイントとして、まず、エイジングケア化粧品成分ネオダーミルを最高推奨濃度で配合しています。ネオダーミルは、Ⅰ型コラーゲンやⅢ型コラーゲンを増やします。 つぎに、エイジングケア化粧品成分ナールスゲンを推奨濃度で配合しています。 ナールスゲンは、コラーゲン、エラスチン、ヒートショックプロテイン47や、表皮にあって肌の酸化を防ぐグルタチオンを増やします。 そして、水溶性ビタミンC誘導体の中でも効果が高く刺激が少ないVCエチルと、浸透性の高い両親媒性ビタミンC誘導体APPSを配合しているので、たるみ毛穴ケアができます。 レチノールを改良したビタミンA誘導体レチノイン酸トコフェリル配合し、ターンオーバーを促進して、肌のハリを取り戻すので、しわの対策に効果があります。 また、ヒアルロン酸に劣らない高い保湿効果があるプロテオグリカンを配合しています。プロテオグリカンには、コラーゲンやヒアルロン酸を増やすはたらきもあります。 さらに、セラミドの中でも保湿力に定評のあるヒト型セラミド6種と、9種のアミノ酸を配合し、肌のバリア機能を守ります。 ほかにも、高い抗酸化力を持つ、レスベラトロール、ブドウ葉/種子/皮エキス、金コロイド、コエンザイムQ10、エルゴチオネインを配合し、肌の酸化を防ぎます。 細胞の増殖や分化を促す成長因子の1つで、線維芽細胞を活性化させるFGFに似たはたらきがあるアセチルデカペプチド-3を配合しているので、肌のハリやツヤをキープして、しわやたるみを改善します。 無香料・無着色、旧指定成分は配合しておらず、アルコールフリー、パラベンフリー、フェノキシエタノールフリーほか、アルコール性防腐剤の無添加化粧品です。 まとめ 目元美容液を選ぶ際は、保湿成分や、自分の目元の悩みに合ったエイジングケア化粧品成分が配合されているかどうかをチェックしましょう。 さらに、刺激の強い成分は避けることが大切です。

いちご鼻の真の原因は?いちご鼻の真の原因は?

いちご鼻は、年齢性別関係なく悩んでいる方が多い肌悩みの1つです。 不要な角質や皮脂が毛穴に詰まることが原因だからと、毛穴パックやスクラブ洗顔などで角栓を出して対策している方も多いのでは?でも、その対策でいちご鼻の根本的な改善になっているのでしょうか? そこで今回は、いちご鼻の原因と改善の対策をご紹介します。 いちご鼻の原因と悪化させる要因 いちご鼻とは、鼻の表面の毛穴に多量に分泌された皮脂や古い角質が詰まって角栓となり、それが酸化して黒ずみ、毛穴が目立ってしまう肌トラブルのことです。 鼻が、まるでいちごの黒い種のようにブツブツに見えることから、「いちご鼻」と呼ばれます。毛穴の黒ずみ以外には、触った際にざらつくことなどが特徴です。 いちご鼻になってしまう表面的な原因は、角栓の詰まり、詰まった角栓の酸化、メイクで残った油の酸化、毛穴が開いているといったことですが、この表面的な原因を引き起こす真の原因を改善しなければ、いちご鼻は改善できません。 その真の原因とは、もともと脂性肌の肌質、女性ホルモンのバランスの崩れ、肌の乾燥、脂分や刺激物の多い食事習慣、過度な飲酒による肌ダメージ、喫煙習慣による肌ダメージ、睡眠不足、過度なストレスによる肌荒れです。 また、肌を紫外線から守るために発生する色素沈着物質、メラニンもいちご鼻の原因になってしまいます。 つまり、皮脂を取り除くのではなく、肌が健やかな状態となって、余計な皮脂が出ない肌を目指すことが、いちご鼻の治し方の根本的な対策になるのです。 この根本的な対策をせず、目に見えている症状だけを取り除こうとして、かえって状態を悪くしてしまう、間違ったスキンケアやエイジングケアがあります。 まず、毛穴パックやピンセットで押し出すなどの刺激の強い方法で、いちご鼻にある角栓を無理やり取り除こうとすることです。 これにより、開いた状態の毛穴にさらに汚れが詰まってしまいます。続けていくと、その刺激に対して防御機能がはたらき毛穴周辺の角質が厚くなります。また、未成熟な角質が鼻の肌表面に上がってきて、余計な角栓ができやすい状態になるのです。 そして、クレンジングや洗顔で皮脂を取りすぎてしまうことです。 刺激が強く、乾燥肌を助長するリスクがあるクレンジング料や洗顔料を使ったり、1日に何度もクレンジングや洗顔を行ったりすると、肌が乾燥してしまうことを避け、ターンオーバーが加速して、かえって皮脂が多く分泌されてしまうのです。 スクラブ洗顔も短期的ないちご鼻の改善には役立ちますが、根本的な対策ではありません。 いちご鼻の改善の対策 いちご鼻の対策で最も基本的なことは、洗顔やクレンジングです。 キメが細かくて、豊富な泡立ちの洗顔で、刺激が少ないながらも効果的に汚れを洗い流しましょう。洗顔料は、肌に刺激の少ない、石けん、弱酸性やアミノ酸系界面活性剤などのものがおすすめです。 クレンジング料は、毛穴汚れをよく落とすアーチチョーク葉エキスやクレイなどがおすすめです。 いちご鼻の長期的な改善には、十分な保湿が重要です。また、バランスのよい食事をする、入浴や運動で体温をあげるなど、アンチエイジングを意識した生活習慣でもいちご鼻の改善をはかりましょう。 まとめ いちご鼻で悩んでいる方で、目で見える部分だけを除去する、短期的な対策や間違った対策をしてしまっていた…という方もいたのではないでしょうか? いちご鼻の根本的な原因を理解し、スキンケアだけでなく日常生活においても、いちご鼻の改善を意識することが大切です。