日焼け止めは2種類

日焼け止めは2種類 post thumbnail image

日焼け止めには種類があるの?

紫外線対策の要である日焼け止めに、種類があることをご存じでしょうか。

実は、大きく分けて、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つがあります。

日焼け止めは、若い世代からエイジングケア世代まで、多くの女性の紫外線対策の必須アイテム。

だからこそ、種類による特徴やメリット、デメリット、使い方で注意すべき点なども考慮して選びたいですね。

そこで、この記事では「日焼け止めを2種類」をテーマに、2種類の日焼け止めについてその特徴を詳しくご説明するとともに、使い分けの方法やそれぞれの使い方の基本を選び方ご紹介します。

日焼け止めの種類を理解しよう!

紫外線対策の基本といえば、まず日焼け止めですね。

紫外線による肌ダメージをを防ぐためには、表皮に強いエネルギーでダメージを与えるUVBと真皮にまで届くUVAの両方をブロックすることが大切です。

紫外線ダメージを放置すれば、シミやそばかす、さらに光老化が進んで、顔のたるみやほうれい線、しわが目立ってしまいます。

そんな肌老化を防ぐためには、日焼け止めでしっかり紫外線対策を行いましょう。

日焼け止めには、大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。

それぞれ特徴があるので、上手に選ぶことが大切です。

紫外線吸収剤の特徴とは?

紫外線吸収剤は、文字通り紫外線を吸収する性質を持った日焼け止めです。

皮膚の表面で紫外線を吸収した後、化学的にエネルギーに変えて放出するものです。

この化学反応で熱を放出するものもありますが、それほど大きなものではありません。

しかし、その熱や化学反応、化学反応で変化した物質が肌に刺激になる場合があります。

紫外線吸収剤は、有機系素材であり化学合成された成分なので、「ケミカル」の日焼け止めとも呼ばれます。

ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)などが紫外線吸収剤の成分です。

紫外線吸収剤のメリットは主に3つあります。

①肌内部への紫外線の侵入を防ぐ

紫外線吸収剤は、一旦紫外線を吸収した後エネルギーとして放出するので、肌の内部に紫外線が浸透するのを防ぐというメリットがあります。

②防御力が高い

紫外線吸収剤は、UVBのような強い紫外線を防ぐ力が強いことも利点です。

SPF50やPA++++などの高い紫外線防御指数を持つ日焼け止めの多くは、紫外線吸収剤です。

③使いやすい

紫外線吸収剤は油状物質であり、なめらかな使い心地で無色透明という特徴を持っています。

白浮きする心配がないので、テクスチャーや見た目もよいことがメリットです。

紫外線散乱剤の特徴とは?

一方、紫外線散乱剤は、肌の上で紫外線を反射させて紫外線の侵入を防御します。

肌への刺激が少ないのは、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄などの紫外線散乱剤です。

紫外線散乱剤は、無機系の素材でノンケミカルの日焼け止めと呼ばれます。

紫外線散乱剤のメリットを3つご紹介します。

①肌への負担が少ない

紫外線散乱剤は紫外線を反射させても熱や刺激が生まれにくく、お肌への負担が少ないことが大きなメリットです。

「低刺激」を売りにしている日焼け止めは、ほぼ紫外線散乱剤といえます。

②幅広い波長に対応

紫外線は波長の長いほうからA波・B波・C波に分かれています。

波長の長いUVAは、肌の奥まで浸透し、シミやシワの発生に大きく関わっています。

UVBは、肌が赤くなる日焼けの主な原因と考えられています。UVC は地表には到達しません。

紫外線散乱剤は、UVB~UVAと幅広い波長の紫外線に対応できる優れものです。

③効果が長持ち

紫外線散乱剤は、紫外線吸収剤と違って化学変化を起こさないので、汗で落ちたりタオルで拭ったりしない限り塗り直す必要はありません。

効果が長持ちする点は嬉しいポイントの一つです。

どう使い分ければいいの?

このように、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の日焼け止めは、どちらもメリットとデメリットがあります。

どちらか一つがよく、もう一つは悪いというわけではなく、特徴や違いを理解して使い分けることが大切です。

何点かのポイントに着目して選ぶことをおすすめします。

1)使用場所・場面で日焼け止めを選ぶ

日焼け止めを選ぶ際に重要なのが使用場所・場面です。

紫外線を防ぐ効果の高いアイテムは、どうしてもお肌への負担が大きくなります。

日常生活で使うなら、お肌への負担が少ない紫外線散乱剤がよいでしょう。

反対にレジャーで海や山などに行くときは、よりしっかりと紫外線を防いでくれる紫外線吸収剤などの防御力の強い日焼け止めがおすすめです。

使用場所や場面、使用頻度などを考えて、どちらかを選びましょう。

2)SPFとPAで選ぶ

SPFやPAの値も参考になります。

① SPF

SPFとは、「Sun Protection Factor」の略のことです。

紫外線のうち、主にUVBをカットする指標をさします。

② PA

PAは、「Protection Grade of UVA」の略です。

その名のとおり、UVAをカットする指標にあたります。

SPF50やPA++++などの高い紫外線防御指数を持つ日焼け止めの多くは、紫外線吸収剤です。

ただし、最近では紫外線散乱剤も進化し、SPF50+やPA++++の日焼け止めも登場しています。

さらに、酸化セリウムのようなブルーライトをかなりカットできる成分も登場しています。

上手に紫外線散乱剤を選びましょう。

まとめ

紫外線対策の基本、日焼け止めの種類についてご説明しました。紫外線吸収剤、紫外線散乱剤それぞれの特徴を理解し、ご自身の肌質はもちろんのこと、使用シーンなどにあわせて使い分けることが大切です。

この記事「日焼け止めは2種類」を参考にして、ご自身のお肌にあった日焼け止めを上手に選び、しっかり紫外線対策をしてくださいね!

Related Post

敏感肌のクレンジングのランキング敏感肌のクレンジングのランキング

敏感肌のクレンジング料を正しく選ぶには? 刺激に弱く、すぐにお肌が赤くなったり、ピリピリしてしまう敏感肌。使用するスキンケアアイテム選びには悩んでしまいますね。 敏感肌の方に特に気をつけていただきたいのが、メイクを落とす際のクレンジング料。 というのも、メイク落としはメイクをするよりもお肌に負担がかかってしまい、敏感肌でなくても刺激を感じてお肌が敏感に傾くこともあるからです。 では、敏感肌の方はどんなクレンジング料を選べばよいのでしょうか。 この記事では、「敏感肌のクレンジングのランキング」をテーマに、エイジングケア世代の敏感肌の方のために、ランキングや口コミ、人気だけに頼らない正しい敏感肌のクレンジング料について解説します。 敏感肌ってどんなお肌のこと? 敏感肌とは、お肌のバリア機能が低下している状態のこと。 医学的に「敏感肌」という病名があるわけではありませんが、ちょっとした刺激で赤みが出たり、ピリピリとした痛みが生じてしまいます。 そのため、普通肌や脂性肌の人と比較して、刺激に反応しやすく洗顔やクレンジングのほか、あらゆる化粧品にも気をつける必要があるのです。 敏感肌の主な症状は次のとおりです。  肌荒れしやすい(特に生理前など)  大人ニキビになりやすい  洗顔料で顔を洗うと赤くなる  普通の化粧品を使っただけで、炎症が生じお肌がピリピリする  タオルや衣類などでも、刺激を感じる場合がある  季節の変わり目は、お肌の調子が悪く、普段使っている化粧品でも使えなくなる時がある  お肌がカサついたり、ゴワついたりすることが多い さらに、症状が酷くなると、乾燥によるかゆみなどの症状も現れます。 敏感肌の原因には、乾燥以外に次のようなものが考えられます。  加齢によるセラミドなどの保湿成分や水分の減少 

美容液を使う正しい順番とは?おすすめの使い方もご紹介美容液を使う正しい順番とは?おすすめの使い方もご紹介

普段のスキンケアで美容液を使っていますか? 最近では、さまざまな効果を期待できる美容液がたくさん出ています。 みなさんは、どのような肌悩みに効果的な美容液を使っていますか? 最近、私は乾燥や小じわが気になるので、保湿に効果的なヒト型セラミドやプロテオグリカンが配合された美容液を継続的に使っています。 ちなみに、皆さんは正しい美容液の使い方をご存じでしょうか?メーカーやブランドによっては1番はじめに使うことを推奨しているものや、逆に、最後に使用してくださいと訴求しているブランドもあると思います。しかし、一般的な美容液はどのタイミングに使うのがもっとも効果的なのでしょうか。 そこで今回は、美容液を使う順番や美容液のおすすめの使い方をご紹介していきます。 美容液を使う順番 美容液の目的は、もともとお肌の悩みを予防・解消し、健やかで美しい素肌のままでいることです。 スキンケア化粧品を使う基本の順番は 洗顔 → 化粧水 → 美容液 → 乳液 → 保湿クリーム です。化粧水と乳液や保湿クリームの間に使用します。 必ず、お肌にふたをする前に使用することをオススメします。 これには理由があります。 スキンケア化粧品成分の水溶性の割合は、通常 化粧水 > 美容液 > 乳液 > 保湿クリーム だからです。水溶性の割合が多いものを先にしないと、油溶性が多いものを肌に塗布すると、水分蒸散を防ぐために肌にフタをするので、水溶性の成分は肌へ入っていきません。 メーカーごとで推奨されている順番があれば、その順番でご使用ください。 ただ、上記でもお伝えしたように、水溶性の成分の割合が乳液よりも多いので、お肌にふたをする前に使用しないと、意味がありません。 美容液の正しいつけ方とおすすめ ごく一般的ですが、 ①適量を手に取る ②内側から外側へ、下から上へ ③優しくおさえる の順番です。擦ってしまうと摩擦が起きてしまうので、必ず叩かず擦らないようにしましょう。お肌の奥へ入っていくようなイメージをしながら、優しく抑えることがおすすめです。 おすすめの使い方は、 ・毎日継続的に使う ・顔や身体を温めてお肌が湿った状態で使う ・化粧水を使った後、すぐに美容液を使いましょう 毎日少しずつでも使い続けることが大切です。「大切な日にちょっとだけ。」と使用しても、おそらく効果は体感できないと思います。したがって、ターンオーバー1周分の期間は使用してみましょう。 また、乾いたお肌にそのまま美容液を塗り込んでも、浸透せず本来の効果を発揮できません。入浴で身体を温めたり、蒸しタオルを顔に20~30秒乗せて、毛穴が開いた状態にしてから美容液を使いましょう。乾燥する前に使用することをオススメします。

肌荒れ改善に大切なバリア機能って何?原因から対策方法まで肌荒れ改善に大切なバリア機能って何?原因から対策方法まで

写真の女性のように、肌荒れに悩まされることは多くないですか? 冬になると乾燥だけではなく、ちょっとしたことでお肌が敏感になりやすい季節です。 最近はマスク荒れもあるので、より一層敏感肌になりやすい季節。 それは化粧品を変えても治らなかったり、しっかり保湿しているのにお肌に赤みが出たり、かゆくなったりすることもあるのではないでしょうか。 その原因は与えるスキンケアではなくバリア機能が正常に働いていないのかもしれません。 みなさんは、バリア機能という言葉をご存じでしょうか。最近よく耳にするようになってきたかもしれません。実は、バリア機能の正常化が冬でも美肌でいる秘訣の1つなんです。 そこで今回は、バリア機能とその原因や対策についてご紹介していきます。 そもそもバリア機能って? バリア機能とは、お肌の最も外側にある角質層が外部の刺激や異物から守るとともに、身体の内側に蓄えている水分を閉じ込めて、潤いのあるお肌をキープするはたらきです。 そして、バリア機能が正常なお肌とは、 大きさや厚みが均一で、キメが整った透明感のあるお肌です。 そして、お肌のpH値は弱酸性で、皮膚常在菌や顔ダニのバランスも整っています。これは、細胞が生まれ入れ替わるサイクルが正常な素肌です。 逆に、バリア機能が低下したお肌は 刺激に弱くなり、水分の逃げやすく敏感なお肌になってしまいます。 そして、弱酸性のお肌から弱アルカリ性のお肌に傾く場合もあります。お肌にハリやツヤがなくなってしまいます。 バリア機能低下の原因と対策 バリア機能について簡単にお話ししたところで、バリア機能が低下してしまう原因についてお話していきます。 バリア機能低下の原因はさまざまあり、 内部的要因は ・加齢や肌質 ・ストレス ・日常生活の乱れ ・間違ったスキンケア 外部的要因は、 ・乾燥 ・紫外線ダメージ ・外気の乾燥 ・大気汚染 ・花粉などのアレルギー源 等があげられます。