美容液を使う正しい順番とは?おすすめの使い方もご紹介

美容液を使う正しい順番とは?おすすめの使い方もご紹介 post thumbnail image

普段のスキンケアで美容液を使っていますか?

最近では、さまざまな効果を期待できる美容液がたくさん出ています。

みなさんは、どのような肌悩みに効果的な美容液を使っていますか?

最近、私は乾燥や小じわが気になるので、保湿に効果的なヒト型セラミドやプロテオグリカンが配合された美容液を継続的に使っています。

ちなみに、皆さんは正しい美容液の使い方をご存じでしょうか?メーカーやブランドによっては1番はじめに使うことを推奨しているものや、逆に、最後に使用してくださいと訴求しているブランドもあると思います。しかし、一般的な美容液はどのタイミングに使うのがもっとも効果的なのでしょうか。

そこで今回は、美容液を使う順番や美容液のおすすめの使い方をご紹介していきます。

美容液を使う順番

美容液の目的は、もともとお肌の悩みを予防・解消し、健やかで美しい素肌のままでいることです。

スキンケア化粧品を使う基本の順番は

洗顔 → 化粧水 → 美容液 → 乳液 → 保湿クリーム

です。化粧水と乳液や保湿クリームの間に使用します。

必ず、お肌にふたをする前に使用することをオススメします。

これには理由があります。

スキンケア化粧品成分の水溶性の割合は、通常

化粧水 > 美容液 > 乳液 > 保湿クリーム

だからです。水溶性の割合が多いものを先にしないと、油溶性が多いものを肌に塗布すると、水分蒸散を防ぐために肌にフタをするので、水溶性の成分は肌へ入っていきません。

メーカーごとで推奨されている順番があれば、その順番でご使用ください。

ただ、上記でもお伝えしたように、水溶性の成分の割合が乳液よりも多いので、お肌にふたをする前に使用しないと、意味がありません。

美容液の正しいつけ方とおすすめ

ごく一般的ですが、

①適量を手に取る

②内側から外側へ、下から上へ

③優しくおさえる

の順番です。擦ってしまうと摩擦が起きてしまうので、必ず叩かず擦らないようにしましょう。お肌の奥へ入っていくようなイメージをしながら、優しく抑えることがおすすめです。

おすすめの使い方は、

・毎日継続的に使う

・顔や身体を温めてお肌が湿った状態で使う

・化粧水を使った後、すぐに美容液を使いましょう

毎日少しずつでも使い続けることが大切です。「大切な日にちょっとだけ。」と使用しても、おそらく効果は体感できないと思います。したがって、ターンオーバー1周分の期間は使用してみましょう。

また、乾いたお肌にそのまま美容液を塗り込んでも、浸透せず本来の効果を発揮できません。入浴で身体を温めたり、蒸しタオルを顔に20~30秒乗せて、毛穴が開いた状態にしてから美容液を使いましょう。乾燥する前に使用することをオススメします。

化粧水塗った後、すぐに美容液を使いましょう。間をあける必要はありません。化粧水の基本的な成分は水と水溶性成分なので、お肌に水分を与えることが主な役割です。しかし、美容液の目的は、与えた水分をキープすることが目的です。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は美容液の正しい使う順番とおすすめの使い方についてご紹介しました。さまざまな種類の美容液が出てきているので、成分の組み合わせによっては、肌が荒れてしまうということもあるので、複数使う際には気をつけましょう。

使用期限やそのほか詳しい情報は美容液の効果的な使い方と順番があった!美肌への近道を公開でチェックできます。ぜひ、ご覧ください。少しでも皆さんのお役に立てれば、嬉しいです。

Related Post

敏感肌化粧水のランキング敏感肌化粧水のランキング

敏感肌化粧水を正しく選ぶには? あなたは敏感肌でしょうか? もしそうなら、化粧水をはじめ、スキンケアアイテムの選び方には慎重になりますね。 敏感肌化粧水は、口コミやランキングで選ぶという人も多いのではないでしょうか? ただし、それでは、自分のお肌に合う敏感肌化粧水には出会えないかも知れません。 というのも、大切なのは、敏感肌の原因をしっかりと理解するとともに、バリア機能を正常化するために、お肌に刺激の少ない化粧品成分が配合された化粧水を選ぶ必要があるからです。 そこで、この記事では、「敏感肌化粧水のランキング」をテーマに、エイジングケア世代の敏感肌の方のために、化粧水ランキングや口コミ、人気だけに頼らないほんとうの敏感肌化粧水について解説します。 敏感肌とはどんな肌質をいうの? そもそも、敏感肌とはどんなお肌のことをいうのでしょうか? 敏感肌とは、お肌のバリア機能が低下している状態のこと。 そのため、少しの刺激にも反応してしまう場合があるのです。 敏感肌の主な症状は次のとおりです。  肌荒れしやすい(特に生理前など)  大人ニキビになりやすい  洗顔料で顔を洗うと赤くなる  普通の化粧品を使っただけで、炎症が生じお肌がピリピリする  タオルや衣類などでも、刺激を感じる場合がある  季節の変わり目は、お肌の調子が悪く、普段使っている化粧品でも使えなくなる時がある  お肌がカサついたり、ゴワついたりすることが多い さらに、症状が酷くなると、乾燥によるかゆみなどの症状も現れます。 また、敏感肌の主な原因は乾燥ですが、そのほかにも加齢によるお肌の水分量の低下や菲薄化、間違ったスキンケアなど、いくつかの要因が考えられます。 敏感肌にはどんな化粧水を使えばいいの? 基本は、敏感肌はしっかり保湿することが大切。

目元のケアに目元美容液は必要!目元のケアに目元美容液は必要!

目尻のしわ、目の下のくまやたるみなど、目元のエイジングサインが気になっていませんか?そんなときに使いたいのが、目元の肌の特徴を考慮し、目元のハリなどをキープするスキンケアのための化粧品成分を配合した目元美容液です。 そこで今回は、目元美容液の必要性とおすすめの目元美容液をご紹介します。 目元美容液は必要? 目の周りの皮膚は非常に薄いので、肌の乾燥や紫外線などのダメージを受けやすく、目元の乾燥や目尻の小じわなどもちょっとした刺激で目立ってしまいます。 目の周りの皮膚は皮脂腺が少なく、刺激に弱いため、強くこするなどの刺激を受けると、メラニン色素が沈着しやすいのです。 また、目の下の皮膚は特に薄いので、目や目の周りの皮膚に酸素と栄養を運んでいる毛細血管が透けて見えることもあります。 そのため、疲れや老化などの影響で血液の流れが悪くなった場合、その状態が、肌にダイレクトに反映されてしまい、目の下のたるみやくまが目立ちやすくなります。 さらに、目はよく動くので、目の周りの肌もよく動きます。その分負担が多くなって、肌が疲れやすいので、しわなどのエイジングサインも目立つのです。 このように、顔の中でも、目元はとくにデリケートなので、特別なスキンケア、エイジングケアを考える必要があるのです。 そのため、目元を集中的にケアする目元美容液が必要になってきます。 とくに、加齢により、目元の皮膚は薄くなり、刺激に弱くなってきます。だからこそ、エイジングケアの視点をしっかり持って、目元美容液を選び、正しく使うことが大切になってくるのです。 おすすめの目元美容液 目元の気になるエイジングサイン対策におすすめの美容液は、「ナールス ネオ」です。 おすすめのポイントとして、まず、エイジングケア化粧品成分ネオダーミルを最高推奨濃度で配合しています。ネオダーミルは、Ⅰ型コラーゲンやⅢ型コラーゲンを増やします。 つぎに、エイジングケア化粧品成分ナールスゲンを推奨濃度で配合しています。 ナールスゲンは、コラーゲン、エラスチン、ヒートショックプロテイン47や、表皮にあって肌の酸化を防ぐグルタチオンを増やします。 そして、水溶性ビタミンC誘導体の中でも効果が高く刺激が少ないVCエチルと、浸透性の高い両親媒性ビタミンC誘導体APPSを配合しているので、たるみ毛穴ケアができます。 レチノールを改良したビタミンA誘導体レチノイン酸トコフェリル配合し、ターンオーバーを促進して、肌のハリを取り戻すので、しわの対策に効果があります。 また、ヒアルロン酸に劣らない高い保湿効果があるプロテオグリカンを配合しています。プロテオグリカンには、コラーゲンやヒアルロン酸を増やすはたらきもあります。 さらに、セラミドの中でも保湿力に定評のあるヒト型セラミド6種と、9種のアミノ酸を配合し、肌のバリア機能を守ります。 ほかにも、高い抗酸化力を持つ、レスベラトロール、ブドウ葉/種子/皮エキス、金コロイド、コエンザイムQ10、エルゴチオネインを配合し、肌の酸化を防ぎます。 細胞の増殖や分化を促す成長因子の1つで、線維芽細胞を活性化させるFGFに似たはたらきがあるアセチルデカペプチド-3を配合しているので、肌のハリやツヤをキープして、しわやたるみを改善します。 無香料・無着色、旧指定成分は配合しておらず、アルコールフリー、パラベンフリー、フェノキシエタノールフリーほか、アルコール性防腐剤の無添加化粧品です。 まとめ 目元美容液を選ぶ際は、保湿成分や、自分の目元の悩みに合ったエイジングケア化粧品成分が配合されているかどうかをチェックしましょう。 さらに、刺激の強い成分は避けることが大切です。

敏感肌のクレンジングのランキング敏感肌のクレンジングのランキング

敏感肌のクレンジング料を正しく選ぶには? 刺激に弱く、すぐにお肌が赤くなったり、ピリピリしてしまう敏感肌。使用するスキンケアアイテム選びには悩んでしまいますね。 敏感肌の方に特に気をつけていただきたいのが、メイクを落とす際のクレンジング料。 というのも、メイク落としはメイクをするよりもお肌に負担がかかってしまい、敏感肌でなくても刺激を感じてお肌が敏感に傾くこともあるからです。 では、敏感肌の方はどんなクレンジング料を選べばよいのでしょうか。 この記事では、「敏感肌のクレンジングのランキング」をテーマに、エイジングケア世代の敏感肌の方のために、ランキングや口コミ、人気だけに頼らない正しい敏感肌のクレンジング料について解説します。 敏感肌ってどんなお肌のこと? 敏感肌とは、お肌のバリア機能が低下している状態のこと。 医学的に「敏感肌」という病名があるわけではありませんが、ちょっとした刺激で赤みが出たり、ピリピリとした痛みが生じてしまいます。 そのため、普通肌や脂性肌の人と比較して、刺激に反応しやすく洗顔やクレンジングのほか、あらゆる化粧品にも気をつける必要があるのです。 敏感肌の主な症状は次のとおりです。  肌荒れしやすい(特に生理前など)  大人ニキビになりやすい  洗顔料で顔を洗うと赤くなる  普通の化粧品を使っただけで、炎症が生じお肌がピリピリする  タオルや衣類などでも、刺激を感じる場合がある  季節の変わり目は、お肌の調子が悪く、普段使っている化粧品でも使えなくなる時がある  お肌がカサついたり、ゴワついたりすることが多い さらに、症状が酷くなると、乾燥によるかゆみなどの症状も現れます。 敏感肌の原因には、乾燥以外に次のようなものが考えられます。  加齢によるセラミドなどの保湿成分や水分の減少 