Spiritual Tools for Healing Addictions

Spiritual Tools for Healing Addictions post thumbnail image

Besetting sin is sin which knocks us off our feet and causes pain that is deep in our life by destroying the basis of our capacity. A pattern of sin can lead us deeper and deeper to outcomes. They may lead to financial ruin, divorce, separation and several other consequences.

There are many Christians who struggle with not needing to sin and yet continue to undergo patterns of sin which destroys their capacity to proceed. (Hebrews 12:1-2 KJV) there are lots of Christians that have overcome besetting sin and therefore are an example to others it can be carried out once and for all. Breaking free of besetting sin and curing addictions is possible through Christ.

In case you have found yourself in a constant cycle of sin and temptation, you can experience the power of Jesus Christ in your own life. This sin is common to Jesus Christ and man being God took on the form of man and there is no sickness or bondage that he is not knowledgeable about. you could be set free to live without it, jesus Christ took on the payment for your sin. There’s a lot of shame associated with persistent behaviors like alcoholism, addiction to pornography, cigarettes and more but Jesus Christ took to the cross.

Then the truths offered from the Word of God can shatter extreme shame. Sin waits at the door of your own life and that sin’s desire is to destroy you. But you can get the power within you to conquer Jesus Christ a course in miracles. You’re able to rule over that sin that really wants to ruin you. Will you never be approved, In case you do well? And if you do not do well, sin lies in the door.

There are experts who specialize in assisting people in overcoming besetting sin of forms and receiving free. All these ministries have. In case you have been struggling with besetting sin and desire to have the power of Jesus Christ curing addictions in your life then turned to the assistance of online specialists who provide key tools for beating unwanted behaviors like gambling, pornography, sexual sins, filthy language, alcohol, and eating disorders, drugs, smokes, and much more. Healing addictions is possible through the impact of Jesus Christ in your life. The tools for overcoming are accessible online.

One critical Spiritual Teaching I’d really like to imprint into each mommy’s heart (and everyone else for that matter) is straightforward,”Worry and Love don’t intermix”. There can not be any worry where there is pure love. And where stress blankets a situation, a back seat is taken by the Power of Love. Don’t believe me? Instead, why not take the next few minutes and operate .

Sit comfortably and start considering something that is not difficult to love. With this particular exercise select something in stressing that you’re not involved. One of my favorites is that a memory of baking with Grandma. Take the opportunity to recall everything sensed, the smiles, the laughter. Get in the exercise that you feel your heart for the opening. Notice how you feel, the energy that is accessible to you in this moment, the energy.

A lot of us have been educated that worry is when you love somebody what you do. In fact, what worry does is engorge the problem with more fear, which frees more ideas of stress, which in turn invests the entire situation in more dread, which (you get the idea). This worry energy weighs the situation down, it clouds your reasoning head and greatly reduces your capability to resolve any circumstance.

Related Post

夏の紫外線対策をしっかりとして美肌をキープ夏の紫外線対策をしっかりとして美肌をキープ

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の 「夏の紫外線対策はエイジングケアの要!UVカットで美肌キープ」を参考に、夏の紫外線対策についてご紹介します。 「夏の紫外線対策は何をすればいいの?」 「紫外線のアフターケアの仕方を知りたい」 など、気になる方はぜひご覧ください。 夏の紫外線 夏は、1年のうちで紫外線量が最大です。 「紫外線ダメージ=紫外線の照射量の大きさ×紫外線を浴びている時間」なので、照射量の多い夏は紫外線ダメージが大きくなります。 地上に届く紫外線にはUVAとUVBの2種類あります。 UVAは、真皮の線維芽細胞を破壊したり、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えたりして、顔のたるみ、ほうれい線、しわ、たるみ毛穴の原因になります。また、メラニン色素の増加によるシミの原因にもなり、夏のくすみなどの肌悩みをもたらします。 UVBは、エネルギーが強く主に日焼けの原因になります。表皮を中心にダメージを与え、バリア機能の低下による肌荒れや炎症、かゆみをもたらすことがあります。 さらに、紫外線は免疫の低下、皮膚がんのリスクも引き起こします。 夏の紫外線対策 夏の紫外線対策は、日焼け止めによる対策が基本となりますが、日焼け止めには2種類あります。 ・紫外線吸収剤 皮膚の表面で紫外線を吸収し、化学反応で熱エネルギーに変えて放出し、肌内部への紫外線の侵入を防ぎます。 SPF50やPA++++などの日焼け止めの多くは、紫外線吸収剤が使われています。 防御力が高いことや白浮きしないので使いやすく、夏のレジャーやスポーツで長時間紫外線にさらされる場合は、このタイプを使うことも選択肢となります。 しかし、お肌への負担が大きいので、乾燥性敏感肌の方やエイジングケア世代の方には、あまりおすすめできません。 ・紫外線散乱剤 紫外線を肌の上で反射させます。 肌への負担が少なく、幅広い波長に対応していますが、防御率があまり高くない、使用感が悪い、などのデメリットがあります。 最近では、紫外線防御力も高く、使用感を改良したものが増えています。 また、日焼け止めには、UVAを防御する力の指標のPAとUVBを防御する力の指標のSPFの表示がありますが、夏は、UVAもUVBも照射量が多いので、両方をしっかりカットすることが肝心です。使用シーンによって、日焼け止めを使い分けるとよいでしょう。 日焼け止めを使うときのポイントは、気持ち多めの量をムラなく均一に塗ることです。肌が露出している部分にはしっかり塗りましょう。 よりしっかりと紫外線をカットしたいときは、UV化粧下地や紫外線を跳ね返す効果のあるパウダーファンデーションの使用がおすすめです。 ほかにも、美白化粧水を予防美容として使用したり、サプリメントを補助的な役割として摂取したりすることもよいでしょう。 デコルテや手肌、頭皮や髪、目の紫外線対策も重要なので、日焼け止めと併せて、UVカット効果がある衣服、帽子やサングラスなどファッションでの対策もおすすめです。 紫外線のアフターケア 夏の紫外線のアフターケアとして、次のようなことを心がけましょう。

抗酸化力がある化粧品成分ビルベリー葉エキスを理解して美肌へ抗酸化力がある化粧品成分ビルベリー葉エキスを理解して美肌へ

今回は、ナールスエイジングアカデミー編集部の 「ビルベリー葉エキスは抗酸化力がある化粧品成分!効果と安全性は?」を参考に、化粧品成分としてのビルベリー葉エキスの特性、効果、安全性についご紹介します。 ビルベリーの効果 ビルベリーはブルーベリーの仲間で、果実には、アントシアニン、ポリフェノールが豊富です。ビルベリーの葉にも、クロロゲン酸、ケルセチン、カテキン、プロアントシアニジンなどが含まれています。 また、美肌のビタミンといわれるビタミンC、ミネラル、美白成分であるアルブチンも含まれています。このように、豊富な栄養素が含まれることから、スーパーフードの1つとしても知られています。 ビルベリーに含まれるアントシアニンには、目の疲れや目の老化予防、活性酸素からからだを守る抗酸化作用による生活習慣病の予防、血糖値の上昇を抑えるはたらきや毛細血管を保護するはたらきによる糖尿病や糖尿病性網膜症の予防効果が期待されています。 ほかにもビルベリーには、ブルーライトから受ける細胞のダメージを軽減するはたらき、コラーゲンやエラスチンを破壊する酵素のはたらきを抑える作用による糖尿病や糖尿病性網膜症の予防効果、糖化を防ぐはたらき、アントシアニンのビタミンPに似たはたらきで血流を改善し、肩こりや手足の冷えを防ぐ効果、腸内フローラを整え便秘を防ぐ効果、花粉症を予防する効果、炎症を抑制する効果が期待できます。 ビルベリー葉エキスの効果 ビルベリー葉エキスは、ビルベリーの葉から水、エタノール、BGなどで抽出される植物エキスで、皮膚コンディショニング剤や収れん剤、ヘアコンディショニング剤、爪のコンディショニング剤として化粧品に使われます。 ビルベリー葉エキスには、抗酸化作用やサーカディアンリズムを整え、バリア機能の改善やターンオーバーの正常化をサポートするはたらきがあります。 これにより、肌のキメを整え透明感のある肌へと導くことが期待できます。また、乾燥肌が原因のさまざまな肌悩みの予防や改善、黄ぐすみの予防や改善、しわやほうれい線など肌老化の予防、紫外線ダメージによる光老化の軽減も期待できます。 ビルベリー葉エキスは、刺激もなく安全性の高い成分で、柑橘類に含まれるソラレンも含まれないので、光毒性の心配もありません。さらに、アレルゲンとなってアレルギーを引き起こす事例も見つかっていません。 そのため、どんな肌質の方でも使うことが可能で、敏感肌向けの化粧品にも使われており、40代からのエイジングケア化粧品の美容成分としてもおすすめです。 ビルベリー葉エキスは、クレンジング料、保湿化粧水、保湿美容液、フェイスマスク、シャンプー、日焼け止め、エイジングケア化粧水やエイジングケア美容液など、さまざまな化粧品に配合されています。 おすすめのビルベリー葉エキス配合化粧品が、フェイスマスク「ナールス リジェ パーフェクトマスク」です。バイオセルロース製のマスクで、ビルベリー葉エキス以外にも美容液1本分の最先端の美容成分を贅沢に配合しており、エイジングケア世代におすすめです。 まとめ 化粧品成分としてのビルベリー葉エキスの特性、効果、安全性についご紹介しました。 ビルベリー葉エキスは、抗酸化作用やサーカディアンリズムを整えるはたらきにより、ターンオーバーやバリア機能の問題で起こるさまざまな肌悩みの予防に効果が期待できます。 この記事を参考に、化粧品成分としてのビルベリー葉エキスを理解し、ビルベリー葉エキス配合の化粧品を上手にスキンケアやエイジングケアに活用してください。

プロテオグリカン配合美容液を選ぶポイントとは?プロテオグリカン配合美容液を選ぶポイントとは?

さまざまなエイジングケア化粧品に配合されるようになり、人気が高まってきているプロテオグリカン。 高い保湿力、ヒアルロン酸やコラーゲンを増やすはたらき、EGFという新しい皮膚の生成を促す成分によく似たはたらき、抗炎症物質の作用を促進するはたらきがある、とても優秀な化粧品成分です。水溶性なのでエイジングケア美容液やエイジングケア化粧水に適しています。 そこで今回は、プロテオグリカン配合美容液の選び方やおすすめのプロテオグリカン配合美容液をご紹介します。 プロテオグリカン配合美容液を選ぶポイント まず、プロテオグリカンの濃度を知ることです。 少しでもプロテオグリカンが含まれていれば、プロテオグリカン配合美容液といえます。 しかし、ある程度の濃度まではプロテオグリカン含有量が多いほど、ヒアルロン酸の産生量が増えることがわかっているので、基本的には高い濃度であれば効果が高いのです。 だから、美容液を選ぶ際は、全成分表示を見て、プロテオグリカンの配合量が多いかどうか確認することが大切です。 美容液の場合、1番目は水、2番目は基本成分、3番以降がそれ以外の美容成分が記載されているのが一般的です。 そのため、3番目から5番目くらいにプロテオグリカンの表示があるなら比較的配合量が多いものです。 つぎに、プロテオグリカンを補完する成分が配合されているか確認することです。 プロテオグリカンは、水分を抱え込んで保湿力を発揮するタイプの成分なので、水溶性の保湿成分としては、グリセリン、アミノ酸などの水分を吸着するタイプの成分を組み合わせることでお互いが補完できます。 また、水分を抱えこむタイプの中でも、コラーゲンやエラスチンはプロテオグリカンと組成や構造が異なるタイプのため、一緒に配合されていてもお互いに補完できる成分です。 また、スクワランやシアバター、アルガンオイルなどの美容オイルといった油溶性成分をチェックすることも大切です。 最後に、エイジングケア化粧品成分が配合されているかをチェックすることです。 プロテオグリカン配合美容液に一緒に配合したいエイジングケア化粧品成分としては、コラーゲンを増やす成分や抗酸化作用のある成分です。 水溶性成分では、ナールスゲンや水溶性ビタミンC誘導体、両親媒性ビタミンC誘導体などがおすすめで、油溶性成分では、ビタミンA誘導体レチノールや油溶性ビタミンC誘導体がおすすめです。 一方、プロテオグリカン美容液を選ぶときには、刺激のある成分に注意しなければなりません。 アルコール、PG、DPG、防腐剤、合成着色料、合成香料などが全成分表示の1行目から3行目に記載されている場合は、要注意です。エイジングケアを考える場合は、プロテオグリカン配合美容液はノンアルコールがおすすめです。 おすすめのプロテオグリカン配合美容液 おすすめのプロテオグリカン配合エイジングケア美容液は、「ナールス ネオ」です。 ナールス ネオは、水分保持のパターンが異なる3種の保湿成分、コラーゲンやエラスチンにアプローチするエイジングケア化粧品成分、抗酸化作用のある成分をバランスよく配合し、安全性にも配慮した美容液です。 さらに、レスベラトロール、ブドウ葉/種子/皮エキス、アセチルデカペプチド-3の3つの成分を追加し、「抗酸化」と「抗シワ」を強化しました。 顔や目元のしわだけでなく、おでこや鼻、デコルテや首のしわにも使えます。また、ほうれい線対策やたるみ毛穴対策にも使えるエイジングケア美容液です。 まとめ プロテオグリカン配合美容液を選ぶときは、その濃度だけでなく、ほかの配合成分もチェックすることが大切だということがお分かりいただけましたか? 高い保湿力とエイジングケアが期待でき、刺激性もない優れた化粧品成分であるプロテオグリカンが配合された美容液を上手に選んで、美肌づくりに役立ててください。

肌荒れ改善に大切なバリア機能って何?原因から対策方法まで肌荒れ改善に大切なバリア機能って何?原因から対策方法まで

写真の女性のように、肌荒れに悩まされることは多くないですか? 冬になると乾燥だけではなく、ちょっとしたことでお肌が敏感になりやすい季節です。 最近はマスク荒れもあるので、より一層敏感肌になりやすい季節。 それは化粧品を変えても治らなかったり、しっかり保湿しているのにお肌に赤みが出たり、かゆくなったりすることもあるのではないでしょうか。 その原因は与えるスキンケアではなくバリア機能が正常に働いていないのかもしれません。 みなさんは、バリア機能という言葉をご存じでしょうか。最近よく耳にするようになってきたかもしれません。実は、バリア機能の正常化が冬でも美肌でいる秘訣の1つなんです。 そこで今回は、バリア機能とその原因や対策についてご紹介していきます。 そもそもバリア機能って? バリア機能とは、お肌の最も外側にある角質層が外部の刺激や異物から守るとともに、身体の内側に蓄えている水分を閉じ込めて、潤いのあるお肌をキープするはたらきです。 そして、バリア機能が正常なお肌とは、 大きさや厚みが均一で、キメが整った透明感のあるお肌です。 そして、お肌のpH値は弱酸性で、皮膚常在菌や顔ダニのバランスも整っています。これは、細胞が生まれ入れ替わるサイクルが正常な素肌です。 逆に、バリア機能が低下したお肌は 刺激に弱くなり、水分の逃げやすく敏感なお肌になってしまいます。 そして、弱酸性のお肌から弱アルカリ性のお肌に傾く場合もあります。お肌にハリやツヤがなくなってしまいます。 バリア機能低下の原因と対策 バリア機能について簡単にお話ししたところで、バリア機能が低下してしまう原因についてお話していきます。 バリア機能低下の原因はさまざまあり、 内部的要因は ・加齢や肌質 ・ストレス ・日常生活の乱れ ・間違ったスキンケア 外部的要因は、 ・乾燥 ・紫外線ダメージ ・外気の乾燥 ・大気汚染 ・花粉などのアレルギー源 等があげられます。