肌荒れケアの化粧水を選ぶポイントは?

肌荒れのケアにどんな化粧水を使えばいいか悩む女性

肌荒れといっても、その原因や症状はさまざまなので、どうやって肌荒れケアの化粧水を選べばいいか悩みますよね。そこで今回は、肌荒れケアにおすすめの化粧水と選び方についてご紹介します。

肌荒れケアの化粧水を選ぶポイント

肌荒れケアの化粧水を選ぶ際、基本の条件が3点あります。

1つ目は、アルコールフリー化粧水であることです。

アルコールはサッパリする、抗菌作用があるなどのメリットがありますが、刺激や揮発性が乾燥肌の原因になるなどのデメリットがあります。だから、肌荒れケアのためには、アルコールフリー化粧水などのノンアルコール化粧品がおすすめです。

2つ目は、刺激性の少ない保湿成分配合の高保湿化粧水であることです。

肌荒れ状態の肌は、うるおいが不足し、バリア機能が低下して刺激に弱くなっているので、保湿力の高い化粧水でうるおいを補い、バリア機能を高めることが大切です。化粧水に向く保湿効果の高いヒューメクタントとして、グリシンやリシン、PCA-Naなどのアミノ酸やBG、グリセリンなどが挙げられます。また、水分を抱え込むプロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなども刺激がなくおすすめです。セラミド化粧水を使うなら、グルコシルセラミドやユズセラミドのような水溶性のセラミド配合のものがおすすめです。ほかにも、ハトムギエキス、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキスなどもおすすめの成分です。

3つ目は、肌荒れケアに不要な成分が無添加の化粧水であることです。

アルコールのほかに刺激性のある成分は、PGやDPG、パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤、界面活性剤、ビタミンC誘導体、レチノールなどです。最近ではPG無添加の化粧水が多く、DPGは配合されていても全成分表示の2行目くらいまでに記載がなければあまり気にしてなくても構いません。また、多くの化粧水には、パラベンまたはフェノキシエタノールが配合されているので、両方避けるのは難しくなります。だから、低濃度の場合はあまり気にしなくてもよいのですが、自分の肌にとってどちらが刺激になるのか、パッチテストすることがおすすめです。界面活性剤もほとんどの化粧水に配合されていますが、化粧水に配合されるものは低刺激なので過敏になる必要はありません。ビタミンC誘導体やレチノールはエイジングケアにおすすめの成分ですが、バリア機能の低下が原因の肌荒れの場合には控えましょう。さらに、着色料や香料は、肌荒れケアには不要なので避けましょう。

肌荒れケアにおすすめの化粧水

肌荒れにおすすめしたいエイジングケア化粧水が、ナールスピュアです。ナールスゲン配合で、保湿だけでなく、コラーゲンやエラスチン、ヒートショックプロテイン47の生成を促し、また表皮で抗酸化成分であるグルタチオンを増やすなど、エイジングケアをサポートします。両親媒性ビタミンC誘導体APPSと水溶性ビタミンC誘導体アスコルビン酸Naが、大人ニキビを予防します。プロテオグリカンやウィルブライドS-753配合による保湿効果で、バリア機能を改善して肌荒れを予防します。ビタミンE誘導体で肌荒れを防ぎます。アルコールフリー、香料・着色料・鉱物油、界面活性剤などエイジングケアに不要な成分が無添加です。さらに、両親媒性ビタミンC誘導体の3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸やナイアシンアミドがセラミドを増やしバリア機能を守ります。アミノ酸に近い成分であるPCA-Naも配合され、肌荒れのケアを一層サポートできるようになりました。

まとめ

肌荒れはさまざまな原因で起こりますが、まずは刺激の少ない化粧水を選ぶことが基本です。化粧水ランキングや口コミだけに頼らずに、自分の肌荒れの原因や肌質を理解したうえで、自分に合った化粧水を選びましょう。

Related Post

日焼け止めは2種類日焼け止めは2種類

日焼け止めには種類があるの? 紫外線対策の要である日焼け止めに、種類があることをご存じでしょうか。 実は、大きく分けて、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つがあります。 日焼け止めは、若い世代からエイジングケア世代まで、多くの女性の紫外線対策の必須アイテム。 だからこそ、種類による特徴やメリット、デメリット、使い方で注意すべき点なども考慮して選びたいですね。 そこで、この記事では「日焼け止めを2種類」をテーマに、2種類の日焼け止めについてその特徴を詳しくご説明するとともに、使い分けの方法やそれぞれの使い方の基本を選び方ご紹介します。 日焼け止めの種類を理解しよう! 紫外線対策の基本といえば、まず日焼け止めですね。 紫外線による肌ダメージをを防ぐためには、表皮に強いエネルギーでダメージを与えるUVBと真皮にまで届くUVAの両方をブロックすることが大切です。 紫外線ダメージを放置すれば、シミやそばかす、さらに光老化が進んで、顔のたるみやほうれい線、しわが目立ってしまいます。 そんな肌老化を防ぐためには、日焼け止めでしっかり紫外線対策を行いましょう。 日焼け止めには、大きく分けて紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類があります。 それぞれ特徴があるので、上手に選ぶことが大切です。 紫外線吸収剤の特徴とは? 紫外線吸収剤は、文字通り紫外線を吸収する性質を持った日焼け止めです。 皮膚の表面で紫外線を吸収した後、化学的にエネルギーに変えて放出するものです。 この化学反応で熱を放出するものもありますが、それほど大きなものではありません。 しかし、その熱や化学反応、化学反応で変化した物質が肌に刺激になる場合があります。 紫外線吸収剤は、有機系素材であり化学合成された成分なので、「ケミカル」の日焼け止めとも呼ばれます。 ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)などが紫外線吸収剤の成分です。 紫外線吸収剤のメリットは主に3つあります。 ①肌内部への紫外線の侵入を防ぐ 紫外線吸収剤は、一旦紫外線を吸収した後エネルギーとして放出するので、肌の内部に紫外線が浸透するのを防ぐというメリットがあります。 ②防御力が高い 紫外線吸収剤は、UVBのような強い紫外線を防ぐ力が強いことも利点です。 SPF50やPA++++などの高い紫外線防御指数を持つ日焼け止めの多くは、紫外線吸収剤です。 ③使いやすい 紫外線吸収剤は油状物質であり、なめらかな使い心地で無色透明という特徴を持っています。 白浮きする心配がないので、テクスチャーや見た目もよいことがメリットです。 紫外線散乱剤の特徴とは?