敏感肌化粧水のランキング

敏感肌化粧水のランキング post thumbnail image

敏感肌化粧水を正しく選ぶには?

あなたは敏感肌でしょうか?

もしそうなら、化粧水をはじめ、スキンケアアイテムの選び方には慎重になりますね。

敏感肌化粧水は、口コミやランキングで選ぶという人も多いのではないでしょうか?

ただし、それでは、自分のお肌に合う敏感肌化粧水には出会えないかも知れません。

というのも、大切なのは、敏感肌の原因をしっかりと理解するとともに、バリア機能を正常化するために、お肌に刺激の少ない化粧品成分が配合された化粧水を選ぶ必要があるからです。

そこで、この記事では、「敏感肌化粧水のランキング」をテーマに、エイジングケア世代の敏感肌の方のために、化粧水ランキングや口コミ、人気だけに頼らないほんとうの敏感肌化粧水について解説します。

敏感肌とはどんな肌質をいうの?

そもそも、敏感肌とはどんなお肌のことをいうのでしょうか?

敏感肌とは、お肌のバリア機能が低下している状態のこと。

そのため、少しの刺激にも反応してしまう場合があるのです。

敏感肌の主な症状は次のとおりです。

 肌荒れしやすい(特に生理前など)

 大人ニキビになりやすい

 洗顔料で顔を洗うと赤くなる

 普通の化粧品を使っただけで、炎症が生じお肌がピリピリする

 タオルや衣類などでも、刺激を感じる場合がある

 季節の変わり目は、お肌の調子が悪く、普段使っている化粧品でも使えなくなる時がある

 お肌がカサついたり、ゴワついたりすることが多い

さらに、症状が酷くなると、乾燥によるかゆみなどの症状も現れます。

また、敏感肌の主な原因は乾燥ですが、そのほかにも加齢によるお肌の水分量の低下や菲薄化、間違ったスキンケアなど、いくつかの要因が考えられます。

敏感肌にはどんな化粧水を使えばいいの?

基本は、敏感肌はしっかり保湿することが大切。

敏感肌はバリア機能が低下し、お肌の水分を保持する機能が弱くなっています。敏感肌かな?と感じたらいま一度、保湿を見直してみましょう。

また、加齢によって、セラミドやNMF(天然保湿因子)が減ることで、「水分保持」能力が下がります。

つまり、いままで通りの保湿を行っていても、加齢によってそれが不十分になってしまうことがあるのです。

さらに、バリア機能が低下することで真皮にまでダメージを与えてしまうことも。

ほうれい線、しわやたるみ毛穴などは、乾燥に加えて真皮の衰えによる顔のたるみが原因のエイジングサインですが、敏感肌だと目立ちやすくなるのです。

こうしたエイジングサインを予防するためにも敏感肌は早く対策することが大切です。

だから、エイジングケア世代の方は、敏感肌化粧水もエイジングケア化粧水を選びましょう。

敏感肌化粧水の役割とおすすめの成分

敏感肌対策の基本は、「刺激を減らしながら保湿をしっかりする」こと。

また、化粧水の基本的な役割は、「お肌に水分を与えること」、「水溶性の保湿成分でお肌を潤すこと」、「お肌を柔らかく整えて、次に続く美容液や保湿クリームを浸透しやすくすること」です。

つまり、敏感肌化粧水には、保湿にとって大切な「水分の蒸発を防ぐ」はたらきはないのです。

そのため、化粧水だけで敏感肌対策を考えずに、美容液や乳液、保湿クリームなど、ほかのタイプのエイジングケア化粧品との組み合わせを考えることが大切です。

成分としては、セラミドにはバリア機能を保持するはたらきがあるので、敏感肌にはよい成分です。

しかし、化粧水は水が90%以上の場合が多いので、水溶性成分とは相性がよいのですが、セラミドなどの油溶性の化粧品成分は配合の濃度が低い場合があります。

セラミドを補うことは敏感肌対策としてよい選択肢の1つですが、できればヒト型セラミド(セラミド2、セラミドNP、セラミドAPなど)を美容液や保湿クリームで補いましょう。

ただし、セラミドの中でもグルコシルセラミドやユズセラミドは水溶性成分なので、敏感肌化粧水ならグルコシルセラミド配合の化粧水がオススメです。

敏感肌化粧水選びのポイントはランキングに頼らないこと!

ウェブサイトにあふれる敏感肌化粧水のランキングや口コミなどは、敏感肌対策の全般的な情報や化粧水の役割や位置付けには触れずに、単にランキングだけを掲載している場合も多々あります。

ランキングサイトの多くは、アフィリエイトと呼ばれるサイトで、敏感肌化粧水の販売促進サイトだからです。

あなたの敏感肌を改善することが目的ではないので、本当に必要な情報、そもそも「敏感肌化粧水だけで敏感肌対策はできるのか?」などといった情報はほとんど掲載されません。

ランキングや口コミに惑わされず、ここまで説明した敏感肌化粧水の役割などをしっかり理解した上で、次のポイントを参考にして選んでみてはいかがでしょうか。

 安全で保湿力の強い保湿成分が適切に配合された化粧水を選ぶ

 刺激になる可能性のある成分は避ける

 できるだけシンプルな化粧水を選ぶ

成分としてのおすすめはナールスゲン。

ナールスゲンが配合された化粧水は、敏感肌対策とエイジングケアを兼ね備えた化粧水として使えます。

保湿力があるとともに、抗酸化、バリア機能保持、コラーゲンやエラスチン、ヒートショックプロテイン47を増やすサポートをするなど、さまざまなはたらきのある水溶性の小さな成分です。

だから、敏感肌にはナールスゲン化粧水がおすすめです。

まとめ

敏感肌の方にとって大切なスキンケアアイテム化粧水について、その役割や選ぶ際の注意点をご説明するとともに、おすすめの成分配合の敏感肌化粧水についてご紹介しました。

この記事「敏感肌化粧水のランキング」を参考に、ランキングに頼らずご自身にあった敏感肌化粧水をスキンケアに取り入れ、敏感肌の改善につとめていただければ幸いです。

Related Post

秋はくすみ肌になりやすい季節?スキンケアでできる対策秋はくすみ肌になりやすい季節?スキンケアでできる対策

季節の変わり目はお肌がゆらぎやすいですが、秋に移り変わろうとする今の時期は、トラブルとまではいかなくても、なんとなく顔色がさえないと感じることがありませんか? 実は、秋はお肌がくすみやすい季節なんだそうです。 そこで、ナールスエイジングケアアカデミーの「秋に多い肌のくすみ!原因と改善のスキンケア&エイジングケア」を参考にして、秋にお肌がくすみやすい原因とスキンケアでできる対策をお伝えしたいと思います。 秋にお肌がくすみやすい5つの原因 秋にお肌がくすみやすい原因は次の5つと言われています。 1.夏のダメージでくすみが目立つ 一番大きいのは何と言ってもこれ。 夏の間に浴び続けた強い紫外線ダメージや、夏バテなどによるからだの疲労がお肌にくすみとして現れることです。簡単に言うと、お肌の夏バテです。 紫外線を受けると、お肌を守るためにメラニン色素がつくられます。 メラニン色素は年中作られ続けており、お肌の入れ替わりのサイクルに合わせて排出されるので、基本的に問題はありませんが、夏は紫外線が強いので、普段以上に多くのメラニン色素が作られ、そのまま色素沈着し、シミやくすみ、角質肥厚を引き起こしてしまいます。 2.空気の乾燥によるお肌の乾燥 夏が終わり、9月以降には、日に日に気温や湿度が低下していきます。 そうするとお肌の皮脂や汗の分泌量が減り、空気の乾燥と相まってお肌が乾燥しやすくなります。お肌が乾燥すていると光の反射が悪くなり、お顔の印象も暗くなりがち。 このように、乾燥によってくすみが目立ちやすくなるのです。 3.顔が冷えてくすみ肌に 気温が下がると代謝が下がります。それにおって血行が悪くなり、お肌の真皮や表皮に十分な栄養素が届かず、くすんで見えるようになります。 4.斜め横からの紫外線は顔に当たりやすい 秋になると紫外線量は減少するものの、降り注ぐ角度が斜め横からになり、お顔に紫外線が当たりやすくなります。それによってお顔のくすみのリスクが高くなります。 秋花粉が原因でくすむことも イネやブタクサに反応する方は、秋でも花粉症になってしまいます。 花粉がお肌に付着することで炎症をおこしたり、鼻をかんだり目をこすったりするときの摩擦で赤みやくすみが出たりすることがあるので注意が必要です。 スキンケアでできる5つの秋のくすみ肌対策 このように、くすみやすい秋にはどんな対策が必要なのでしょうか? 一番身近でとりかかりやすい、スキンケアの観点から見てみましょう。 1.正しい洗顔とクレンジングで秋のくすみを予防 スキンケアの一番はじめのステップである落とすケアから。 朝は洗顔、夜はクレンジングを行うことを基本に、角質肥厚でお肌がゴワゴワするときには、適度な酵素洗顔やピーリングがおすすめです。 強すぎる洗浄力や摩擦による、肌ダメージを防ぐためにも、しっかりかつ優しく行うことが秋のくすみ予防には大切。 ゴワゴワが気になるからと言って、洗顔ブラシやスクラブ洗顔などは肌ダメージを与えるので、秋のくすみのケアにはNGです。 2.保湿を強化して秋のくすみ肌対策を

肌荒れケアの化粧水を選ぶポイントは?肌荒れケアの化粧水を選ぶポイントは?

肌荒れといっても、その原因や症状はさまざまなので、どうやって肌荒れケアの化粧水を選べばいいか悩みますよね。そこで今回は、肌荒れケアにおすすめの化粧水と選び方についてご紹介します。 肌荒れケアの化粧水を選ぶポイント 肌荒れケアの化粧水を選ぶ際、基本の条件が3点あります。 1つ目は、アルコールフリー化粧水であることです。 アルコールはサッパリする、抗菌作用があるなどのメリットがありますが、刺激や揮発性が乾燥肌の原因になるなどのデメリットがあります。だから、肌荒れケアのためには、アルコールフリー化粧水などのノンアルコール化粧品がおすすめです。 2つ目は、刺激性の少ない保湿成分配合の高保湿化粧水であることです。 肌荒れ状態の肌は、うるおいが不足し、バリア機能が低下して刺激に弱くなっているので、保湿力の高い化粧水でうるおいを補い、バリア機能を高めることが大切です。化粧水に向く保湿効果の高いヒューメクタントとして、グリシンやリシン、PCA-Naなどのアミノ酸やBG、グリセリンなどが挙げられます。また、水分を抱え込むプロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなども刺激がなくおすすめです。セラミド化粧水を使うなら、グルコシルセラミドやユズセラミドのような水溶性のセラミド配合のものがおすすめです。ほかにも、ハトムギエキス、カワラヨモギ花エキス、シソ葉エキスなどもおすすめの成分です。 3つ目は、肌荒れケアに不要な成分が無添加の化粧水であることです。 アルコールのほかに刺激性のある成分は、PGやDPG、パラベンやフェノキシエタノールなどの防腐剤、界面活性剤、ビタミンC誘導体、レチノールなどです。最近ではPG無添加の化粧水が多く、DPGは配合されていても全成分表示の2行目くらいまでに記載がなければあまり気にしてなくても構いません。また、多くの化粧水には、パラベンまたはフェノキシエタノールが配合されているので、両方避けるのは難しくなります。だから、低濃度の場合はあまり気にしなくてもよいのですが、自分の肌にとってどちらが刺激になるのか、パッチテストすることがおすすめです。界面活性剤もほとんどの化粧水に配合されていますが、化粧水に配合されるものは低刺激なので過敏になる必要はありません。ビタミンC誘導体やレチノールはエイジングケアにおすすめの成分ですが、バリア機能の低下が原因の肌荒れの場合には控えましょう。さらに、着色料や香料は、肌荒れケアには不要なので避けましょう。 肌荒れケアにおすすめの化粧水 肌荒れにおすすめしたいエイジングケア化粧水が、ナールスピュアです。ナールスゲン配合で、保湿だけでなく、コラーゲンやエラスチン、ヒートショックプロテイン47の生成を促し、また表皮で抗酸化成分であるグルタチオンを増やすなど、エイジングケアをサポートします。両親媒性ビタミンC誘導体APPSと水溶性ビタミンC誘導体アスコルビン酸Naが、大人ニキビを予防します。プロテオグリカンやウィルブライドS-753配合による保湿効果で、バリア機能を改善して肌荒れを予防します。ビタミンE誘導体で肌荒れを防ぎます。アルコールフリー、香料・着色料・鉱物油、界面活性剤などエイジングケアに不要な成分が無添加です。さらに、両親媒性ビタミンC誘導体の3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸やナイアシンアミドがセラミドを増やしバリア機能を守ります。アミノ酸に近い成分であるPCA-Naも配合され、肌荒れのケアを一層サポートできるようになりました。 まとめ 肌荒れはさまざまな原因で起こりますが、まずは刺激の少ない化粧水を選ぶことが基本です。化粧水ランキングや口コミだけに頼らずに、自分の肌荒れの原因や肌質を理解したうえで、自分に合った化粧水を選びましょう。

プロテオグリカン配合美容液を選ぶポイントとは?プロテオグリカン配合美容液を選ぶポイントとは?

さまざまなエイジングケア化粧品に配合されるようになり、人気が高まってきているプロテオグリカン。 高い保湿力、ヒアルロン酸やコラーゲンを増やすはたらき、EGFという新しい皮膚の生成を促す成分によく似たはたらき、抗炎症物質の作用を促進するはたらきがある、とても優秀な化粧品成分です。水溶性なのでエイジングケア美容液やエイジングケア化粧水に適しています。 そこで今回は、プロテオグリカン配合美容液の選び方やおすすめのプロテオグリカン配合美容液をご紹介します。 プロテオグリカン配合美容液を選ぶポイント まず、プロテオグリカンの濃度を知ることです。 少しでもプロテオグリカンが含まれていれば、プロテオグリカン配合美容液といえます。 しかし、ある程度の濃度まではプロテオグリカン含有量が多いほど、ヒアルロン酸の産生量が増えることがわかっているので、基本的には高い濃度であれば効果が高いのです。 だから、美容液を選ぶ際は、全成分表示を見て、プロテオグリカンの配合量が多いかどうか確認することが大切です。 美容液の場合、1番目は水、2番目は基本成分、3番以降がそれ以外の美容成分が記載されているのが一般的です。 そのため、3番目から5番目くらいにプロテオグリカンの表示があるなら比較的配合量が多いものです。 つぎに、プロテオグリカンを補完する成分が配合されているか確認することです。 プロテオグリカンは、水分を抱え込んで保湿力を発揮するタイプの成分なので、水溶性の保湿成分としては、グリセリン、アミノ酸などの水分を吸着するタイプの成分を組み合わせることでお互いが補完できます。 また、水分を抱えこむタイプの中でも、コラーゲンやエラスチンはプロテオグリカンと組成や構造が異なるタイプのため、一緒に配合されていてもお互いに補完できる成分です。 また、スクワランやシアバター、アルガンオイルなどの美容オイルといった油溶性成分をチェックすることも大切です。 最後に、エイジングケア化粧品成分が配合されているかをチェックすることです。 プロテオグリカン配合美容液に一緒に配合したいエイジングケア化粧品成分としては、コラーゲンを増やす成分や抗酸化作用のある成分です。 水溶性成分では、ナールスゲンや水溶性ビタミンC誘導体、両親媒性ビタミンC誘導体などがおすすめで、油溶性成分では、ビタミンA誘導体レチノールや油溶性ビタミンC誘導体がおすすめです。 一方、プロテオグリカン美容液を選ぶときには、刺激のある成分に注意しなければなりません。 アルコール、PG、DPG、防腐剤、合成着色料、合成香料などが全成分表示の1行目から3行目に記載されている場合は、要注意です。エイジングケアを考える場合は、プロテオグリカン配合美容液はノンアルコールがおすすめです。 おすすめのプロテオグリカン配合美容液 おすすめのプロテオグリカン配合エイジングケア美容液は、「ナールス ネオ」です。 ナールス ネオは、水分保持のパターンが異なる3種の保湿成分、コラーゲンやエラスチンにアプローチするエイジングケア化粧品成分、抗酸化作用のある成分をバランスよく配合し、安全性にも配慮した美容液です。 さらに、レスベラトロール、ブドウ葉/種子/皮エキス、アセチルデカペプチド-3の3つの成分を追加し、「抗酸化」と「抗シワ」を強化しました。 顔や目元のしわだけでなく、おでこや鼻、デコルテや首のしわにも使えます。また、ほうれい線対策やたるみ毛穴対策にも使えるエイジングケア美容液です。 まとめ プロテオグリカン配合美容液を選ぶときは、その濃度だけでなく、ほかの配合成分もチェックすることが大切だということがお分かりいただけましたか? 高い保湿力とエイジングケアが期待でき、刺激性もない優れた化粧品成分であるプロテオグリカンが配合された美容液を上手に選んで、美肌づくりに役立ててください。