酵素洗顔とは?

酵素洗顔とは? post thumbnail image

“酵素洗顔パウダー”という言葉、聞いたことはあるけど具体的にどういうもの?と思っている方は多いはず。

洗顔には、固形石鹸、フォーム、ジェル、スクラブ、パウダーなど、形状が様々です。

その中でも角質ケアや毛穴の黒ずみケア、お肌のくすみやごわつきなどの対策で人気があるのが、「酵素洗顔パウダー」です。

酵素洗顔は上手に使えば毛穴の黒ずみケアやエイジングケアにもなりますが、誤った使い方をしていると肌トラブルの原因にもなります。

そこで今回は、酵素洗顔とは?について、酵素洗顔のメリットやデメリット、正しい酵素洗顔のやり方を、お話していきます。

酵素洗顔の基本!”酵素”と”洗顔”とは?

酵素には数万種の種類があります。酵素は、タンパク質や脂肪の分解、呼吸、骨や筋肉の活動などの生命活動全般に深く関わっています。

酵素洗顔に使われるのは、タンパク質や脂肪を分解する「消化酵素」と「食物酵素」です。

消化酵素は、消化を助けるための酵素で、食べ物を消化分解し、吸収するための酵素です。

食物酵素は、食べ物に含まれる酵素のことです。

洗顔は、肌に負担をかけずに優しく洗いつつ、不要な汚れや皮脂などはしっかり取り去ることを目的として行います。

メイクをしているときはクレンジングの後に行い、この場合はダブル洗顔になります。

そして酵素洗顔とは、たんぱく質や脂肪などを分解する酵素を配合した洗顔料を使って洗顔することです。

お肌の角質や角栓の70%はケラチンと呼ばれるたんぱく質でできています。一方、皮脂には脂肪が多く含まれます。

酵素洗顔はこうしたタンパク質や脂肪を分解する酵素のはたらきによって、肌を清潔に保つ洗顔なのです。

酵素洗顔のメリットとデメリット

酵素洗顔をエイジングケアの「効果」で考えた場合のポイントは、「遅くなったターンオーバーを正常化する」「古い角質・角栓を取り除く」ということです。

まず、酵素の力で、お肌に残った古い角質や角栓、毛穴の黒ずみなどを落とします。

そして、古い角質や皮脂を分解することで、新しい角質をつくろうとするはたらきを促しますので、ターンオーバーの正常化が期待できます。

ターンオーバーが正常化すると、メラニンが適切に排出されたり、酸化して古くなった角栓も分解するので、シミや毛穴を目立たないようにする効果も期待できます。

まとめると、以下のようなお肌悩みがある方にはメリットを感じやすいでしょう。

・皮脂、角質、汚れが混ざり、角栓ができてしまった詰まり毛穴(いちご鼻)

・余分な皮脂が酸化して、茶色くなった状態で毛穴に詰まっている黒ずみ毛穴(毛穴の黒ずみ)

・古い角質がはがれず肌表面に残ってしまった角質肥厚やくすみ

・ターンオーバーの遅れによるくすみ

・ターンオーバーの遅れによる大人ニキビの初期段階(微小面皰、白ニキビ、黒ニキビ)

一方で、まだ若い角質や皮脂まで分解してしまうと、肌トラブルに発展してしまうというデメリットもあります。

過度な酵素洗顔の刺激によるダメージで、さらにお肌を守ろうと皮脂を過剰に分泌してしまうのです。その結果、乾燥やバリア機能の低下を招いてしまう可能性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。酵素洗顔の正しい知識やメリット・デメリットが伝わっておりますと嬉しいです。

花粉や汗をかく季節になると洗顔で迷う方は多くいるのではないでしょうか。そんな方にこの記事が少しでも役立てば幸いです。

Related Post

紫外線吸収剤とは?紫外線吸収剤とは?

日焼け止めの種類って? 日焼け止めは、若い世代からエイジングケア世代まで、多くの女性の紫外線対策の必須アイテム。 だからこそ、種類による特徴やメリット、デメリット、使い方で注意すべき点なども考慮して選びたいですね。 ところで、紫外線対策の要である日焼け止めに、種類があることをご存じでしょうか。 実は、大きく分けて、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つがあります。 この2つの種類では、紫外線の防御などにどのような違いがあるのでしょうか? この記事では、「紫外線吸収剤とは?」をテーマに、2種類の日焼け止めのなかでも、紫外線吸収剤についてその特徴やメリット、デメリットを詳しくご紹介します。 紫外線吸収剤の基礎知識 紫外線吸収剤は、文字通り紫外線を吸収する性質を持った日焼け止めです。 皮膚の表面で紫外線を吸収した後、化学的にエネルギーに変えて放出するものです。 この化学反応で熱を放出するものもありますが、それほど大きなものではありません。 しかし、その熱や化学反応、化学反応で変化した物質が肌に刺激になる場合があります。 紫外線吸収剤は、有機系素材であり化学合成された成分なので、「ケミカル」の日焼け止めとも呼ばれます。 ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)などが紫外線吸収剤の成分です。 紫外線吸収剤のメリットは? 紫外線吸収剤のメリットは主に3つあります。 ① 肌内部への紫外線の侵入を防ぐ 紫外線吸収剤は、一旦紫外線を吸収した後エネルギーとして放出するので、肌の内部に紫外線が浸透するのを防ぐというメリットがあります。 紫外線吸収剤は、肌の奥深くに到達し、シミの原因となるUVAをブロックすることが得意です。 また、波長の長いロングUVAへの効果が期待できる紫外線吸収剤もあります。 ②防御力が高い 紫外線吸収剤は、UVBのような強い紫外線を防ぐ力が強いことも利点です。 SPF50やPA++++などの高い紫外線防御指数を持つ日焼け止めの多くは、紫外線吸収剤です。 レジャーやスポーツなど、さまざまなシーンに使えて便利です。 ③使いやすい 紫外線吸収剤は油状物質であり、なめらかな使い心地で無色透明という特徴を持っています。 白浮きする心配がないので、テクスチャーや見た目もよいことがメリットです。 紫外線吸収剤のデメリットは? 一方、デメリットとして、次の2つがあります